58夜 青い書庫まつり


昨秋、シルク・ドゥ・ソレイユが東北公演をするということを知って、
個人でチケットを手に入れるのはなかなか骨が折れた。
それから半年以上も経ち、やっと公演を観ることができた。
装置や衣装や照明、肉体はもとより、生の音楽も美しかった。
まだ呆けていてなにから書いていいのかわからなくて困る。

この集団を知ったのはカルガリー冬季オリンピックからだろうか。
けれど、初めて日本公演をするまで、なんというか、
趣味性が強く、こんなに官能的で演劇的な祝祭空間を作っているとは知らなかった。

カナダに本拠地を置き、設立から二十五年、
四千人もの人間を抱える巨大集団になったシルク・ドゥ・ソレイユは世界中でショーをやっている。
オリンピックのメダリスト、ダンサーなど肉体言語者、歌手、演奏者、道化師。いないのは動物。
二十五年間、そしておそらくこれからも創り続けることができることに驚く。

訳せば太陽のサーカスという意味だそうだが、本当にサーカスだろうか。
もとよりサーカスとしては見ておらず、舞台として捉えていたから、
このたび初めて観て、やっぱりそうだったと思った。

観たのは「コルテオ」という舞台。
天に召される直前に見る道化師の夢まぼろしの葬列。
仲間や天使や人のようで人でないものなどに囲まれ、美しい歌や楽器に囲まれ、
ときに静けさ、そしてたいていは賑やかさに送り出されて、
自転車に乗って天国にゆく。
それを見送る観客も幸せな気持ちになる。




c0002408_202176.jpg
いざない



c0002408_212866.jpg
大きな大きなテント



c0002408_223492.jpg
円形劇場、中央にステージ



c0002408_235532.jpg
エントランステントの床は色の照明が足元を追う



c0002408_28261.jpg
本日の演目



c0002408_254992.jpg
大きなテントの入り口へ向かう



c0002408_2252214.jpg
こんな入り口から祝祭空間へ



c0002408_291470.jpg
行列



c0002408_295124.jpg
ベッドで飛んで跳ねて



c0002408_210306.jpg
高い高い天井からシャンデリアが吊られ回りながら踊る。



c0002408_2115826.jpg
小人のアダージョ、頭上には天使がいて雪を降らせる。



c0002408_21331100.jpg
自転車に乗ってクラウンが昇天する。写っていないが、この下では大勢で大車輪ぐるぐる。




シルクドソレイユ ホーム(日本)
各ショーの物語のあらすじが読める

シルクドソレイユ ホーム コルテオ(英語版)
View Trailerをクリックすると動画が見られる

ほぼ日刊イトイ新聞
「シルク・ドゥ・ソレイユからの招待状。」



□おまけ
c0002408_3291773.jpg
仙台の愉しみは本屋にゆくこと。
この書店、UPという小冊子を無料で置いているんだが、
数年前に、記事を連載している学者の文章が読みたくて定期購読で取り寄せていたっけ。
(2001~2003 橋本毅彦「学問の図像とかたち」、現在は
「描かれた技術 科学のかたち」として単行本化されたが、
わたし個人は小冊子時代の、随筆のような物語のような味わいが好きだった。
単行本化するにあたって大幅な加筆修正がなされて、アカデミックになったのはすこし残念)

仙台は本の楽しさを広げる市民活動もさかんで、「6月の仙台は本の月」、
街のあちこちで本と出会うのだそうだ。
一箱古本市という、すてきな古書店ごっこがあって興味惹かれる。
遠巻きにながめるだけじゃなく ・・わたしも参加できるかも。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-05-16 02:21 | ときおりの休息 杜の都(4)


<< 59夜 綺麗な絵本の書庫まつり  57夜 百花の書庫まつり >>