数のない夜 砂糖と塩


菓子にも料理にも使える野菜ってなんだろう。
わたしはかぼちゃが初めに浮かぶのだけれど。
塩気のものは、そぼろ煮、ほうとう、コロッケ、サラダ、ポタージュ、
甘味のものはプディング、ケーキ、パン、 ・・ほかにはなんだ?

つい先週に桜が満開だった。
今は鑑賞用の花桃は終わって食べるための桃が満開、
花選り(はなすぐり)に果樹農家は精を出し、
同時に田んぼを整え田植えに備えて水を入れ始めている。

それにしてもいつまでも寒い。火のつくストーヴがちょくちょく活躍する。
季節はもう煮込み料理ではないのに、まだトマト入りのポトフなんか作っている。
このまえはかぼちゃを煮たが、さて菓子にするか料理にするか迷った。

結局、両方にした。
塩気のものは、グリンピースとシーザーサラダドレッシングで和え、
パルメザンチーズを振りかけたサラダ。
甘味のものは、そのままでジャムとアイスクリームを載せただけの簡単スイーツ。
ほんとうに簡単、菓子の作れないわたしにぴったりだ。
デコレーションするだけ、そのままのかぼちゃが美味しい。



c0002408_2541186.jpg



c0002408_254292.jpg



今夜は砂糖と塩のお話。
それには訳(わけ)がある。
だから、花々のお写真は次の夜に。







佐藤史生が他界した。
砂糖と塩で佐藤史生というペンネームにしたのだとか。

わたしは活字が好きで、紙のものが好きで、漫画が好きで、
今まで読んできた中で一番好きな漫画はなに?と聞かれたら、「夢見る惑星」と答える。
幾度読み返してもそれに堪えられる良質の品(ひん)がある。
その作品を描いた作家が佐藤史生だった。
亡くなったと聞いてたいそう驚き、気持ちがひしゃげた。
作品群のすべてを持っているわけではないけれども、ここに載せることで
作家への手向け(たむけ)としたい。

c0002408_344470.jpg


c0002408_345571.jpg


c0002408_35552.jpg


c0002408_351692.jpg
この作品がよく知られているが、わたしにとってこれは馴染み薄い。
もう一度読み返してみよう。


c0002408_352670.jpg
真ん中、写真では題が読みにくい。「金星樹」
下、佐藤史生責任編集による各作家の作品。


c0002408_353582.jpg
人類が地球に降り立つまでが「金星樹」に収められた「星の丘より」に描かれ、
それが神話になり事実は風化した後の地球、
大地は大きな地殻変動でいくつかの大陸に分かれ、古代科学は滅び、
人類も滅びに向かうまでが、「夢見る惑星」に描かれている。


c0002408_354432.jpg
文庫版


c0002408_355376.jpg


c0002408_36223.jpg
作家本人のあとがき


c0002408_361299.jpg
絵が美しいとか意匠や衣装が美しいとか、そうしたことを越え、
漫画というもののイメージをはるかに超え、
透徹したまなざしで過去から未来を見据えていた、
この解説のとおり、佐藤史生は稀な幻視者だったと思えてならない。


c0002408_362357.jpg
「大地は夢みてやまず 時もまた流れてやまない」


追記:佐藤史生展のようす ~2010.02.14 via tarasawa's HP
[PR]
by NOONE-sei | 2010-04-30 03:41 | 数のない夜(23) | Comments(6)
Commented by mica at 2010-04-30 11:54 x
セイさんは、気持ちがひしゃげたのね。
わたしは、、、、
言葉では表せないよぉ。たいそうショック。
きっとこの後、萩尾望都とか、ブラッドベリとかが
亡くなった時、同様に、静かに静かに落ち込むと思う。

セイさん、いっぱい持ってていいなぁ。
わたしは、ワン・ゼロがハマッたの。
続く「打天楽」も好き。
きっと読んだ時期と作品と、いろいろ
重ねた部分なんかもあったのだろうな。
もちろん、金星樹も好き。
阿呆船とか。

そういえば。
萩尾望都の「きゃべつ畑の遺産相続人」の
ジョージィおばさん(ポージィおばさんか?
SF好きの方の、おばさん)は
佐藤史生がモデルだったような。。。

「幻視者」って、ステキな言葉だ。
彼女にぴったり。
とてもスケールの大きな、広い、自由な視野を
持った人だったと、わたしも思います。
Commented by しょーじ at 2010-04-30 12:11 x
私も今月Twitterで亡くなられたのを知り、びっくりしました。
あまりマンガを読まない私でも佐藤史生は知っておりますです。
といっても、『夢みる惑星』しか読んでませんが…。
外見はともかく、イリスやライジアにとても共感して読んだのが懐かしいです。
(うちの相方は、タジオンやカラやシリンに共感したらしいのですが…)
『夢みる惑星』で満足しちゃったので、他の作品は読んでませんが、
機会があれば読んでみようと思います。
Commented by ひす at 2010-04-30 17:19 x
こんにちは。
思えばこの冬はたくさんかぼちゃを食べたなあ。
でも殆どは煮物と焼き物。
お菓子にはいなかったけど、娘が代わりにかぼちゃでクッキーやプリンを作ってました。
サツマイモも同じくおかずもお菓子もどちらにも使えるけれども、
私の感覚では、かぼちゃはおかずより、サツマイモはお菓子よりかな?
その微妙なラインを左右するのが、砂糖と塩の割合でしょうね。
甘くなるかしょっぱくなるか…

砂糖と塩の訳を拝読して、
文章を綴ったり、撮影したりしているセイさんが浮かびました。
そのお気持ちは恐らくは甘くもあり、またしょっぱくもあり…

でも作品をご紹介しているその感じは、
私には、
「ああ、とても美味しかった。」
とそういう風に読めましたよ。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-05 00:56
micaさん、
たいへんおそくなりました、ごめんなさい。
何度かお返事しようと試みてたのですが、どうもびしぃっとしないんですよね、気持ちが。
>静かに静かに落ち込むと思う。
micaさんのおっしゃるような感じだったのかもしれないな。
http://flowers.shogakukan.co.jp/interview/interview_05.html とか読み直し、
http://ww1.tiki.ne.jp/~quelmal/desyabari.html とかを知り、
2ch複合船スレとか読んでました。
あと、すこしずつ漫画の読み直しもしてました。

萩尾作品もSFもの以外は読んだことがなく、佐藤作品を(数冊抜けてますが)
書庫から出してみて、手放さないでおいたことに自分でもびっくり、
よくよく好きな作家だったんだと改めてしんみり・・・

幻視者でしたよね。読み直しても普遍性が高かったです。
コメントありがたうです。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-05 01:08
しょーじさん、
おふたりで読んでいらしたとはほんとうにびっくり!
しょーじさんと漫画の話ができようとは。
コメントいただいていたのにおそくなりまして・・・

「夢見る惑星」は、会話術にうなるのです。
架空で壮大な世界観なのに破綻の無い物語のつくり、
作家が書く上で情緒に流されない統制された台詞、
心理戦や、内面の葛藤、などなどどの切り口からの読みにも堪えられる作品でした。
共感は、、、やっぱりイリスかな。
作家ご本人は生前のインタヴューにイリスと答えてましたね。
Commented by NOONE-sei at 2010-05-05 01:16
ひすさん、
筆が進みませんで、ごめんなさい。

ひすさんちはいいなぁ。
娘ちゃんがお菓子を焼いてくれるのがうらやましいです。
いいお嬢さんに育ちましたねぇ、しみじみ。
一家に一台ください。(うそ)

さてかぼちゃ以外に浮かびませんでしたが、
そうでしたそうでした、さつまいもがありましたね。
スイートポテト作ったことあるです、バターたっぷりの。あはは

訳、、、書庫から漫画を取り出してきてお写真撮って文章をつけて。
そのプロセスにまで想いを馳せてくだすっていたとは。
さすがに長いつきあい、当人よりも情景を深く正確に読んでくだすってる。

>「ああ、とても美味しかった。」
いいなぁ、ひすさん。この↑感じ、とてもいいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 57夜 百花の書庫まつり 56夜 菜の花の書庫まつり >>