56夜 菜の花の書庫まつり


もう何年前になるだろう。
桜が満開なのに上野不忍池は雪だった。
あんなことはもうないだろうと思っていたら、
今日、桜が満開のこの地で雪が降った。
東京ではとっくに桜は散り、やっと東北で桜が咲く、もう四月も下旬。

上野や根津近辺に行くとどきどきする。いや、わくわくする。
わたしの好きな『機動警察パトレイバー』で、
暴走レイバーを警察のパトレイバーが取り押さえる桜の中の大捕り物の場面があったからだ。
架空なのに「言問い通りを・・・」などと現実の場所名の実況も入る。
地名や通りの名に詳しければ、もっと物語の中に入ってゆけるんだが。

隊長のぬらりひょんぶりも、メカ技術一筋のおやっさんも、一本抜けている隊員たちも
みんな大好きだった。
大好きだったからテレビ局に手紙を書いたら、関係者に配ったという二百枚のうちの一枚、
テレフォンカードを送ってきてくれた。
あとにもさきにも、テレビ局に手紙なぞ、このときっきりだ。
先日、引き出しを整理していたら出てきて、小躍りして喜んだ。
これはわたしの宝物である。


機動警察パトレイバー
大好きだった隊員たちは、劇中で自給自足もどきをしているんだが、
トマト畑を作ってくれた隊員、ひろみちゃん役の声優が亡くなったことが大変残念だ。



c0002408_3211517.jpg
切手シートはずいぶん後になってからのもの。

宝物といえば、主人公のひとり、女子隊員が警察レイバーの乗り手で、
そのパトレイバーを慈しむあまり、飼っていた犬の名をつけていた。





わたしの宝犬が十二歳になった。

c0002408_3292640.jpg
なかなかキツイのでオス犬に間違われていた頃。


c0002408_3293693.jpg
しぶしぶシャンプーされたあと。

照れくさくて今まで言えなかったけど、
もう十二歳ともなれば宝犬と言ってもいいよね?

今日は雪で写真が撮れなかったので、
今から五年前、シワ コが大病(脳梗塞)をする直前に撮った若いお写真を。
ほんとうは菜の花がよく似合うのだけれど。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-04-18 03:41 | 書庫まつり(12)


<< 数のない夜 砂糖と塩 55夜 桜の書庫まつり  >>