55夜 桜の書庫まつり 


いつも愉しませてもらっているウェブログで桜の季節の展示会があったので、
わたしも55夜から連続して書庫まつりをしようと思う。

連続するのは、55夜だから。
だってGOGOでせう?



ところでこの地はやっと桜が咲いた。
でも、いつも散歩する道はまだつぼみ。
今満開なのは、コブシと菜の花と花桃と連翹。梅はだいたいおしまい。
桃源郷まではもうすこし。

家では朝夕のストーヴもこたつも使っているけれど、セーターやダウンコートはおしまい。
だから、スキンを若草色に変えます。



■ペーパームーン
c0002408_2233371.jpg
ペーパームーンという雑誌を貸してもらった。
同時代にこの存在は知らなかったのだけれど、女の子の夢というの?
聖書(バイブル)だったのだとか。


c0002408_2303068.jpg



c0002408_23041100.jpg



c0002408_2305156.jpg



c0002408_231373.jpg



c0002408_2311247.jpg



c0002408_2312113.jpg



c0002408_2313016.jpg



c0002408_2314091.jpg

不思議の国のアリスや甘いお菓子と紅茶、きいちのぬりえ、
寺山修司が読者を物語の中に据えて撮ったヌード写真まである。
幻想もエロスも耽美も少年愛も男装も、女の子の夢でひとくくり。
やましさがなくて浪漫で彩られている。
女の子はこんなふうにして異風を受け入れていくのだなぁ。


□おまけ
c0002408_2424334.jpg
こんな焼き菓子には紅茶が似合うの?


55夜のきっかけはこちら

追記:「ペーパームーン」ってこんな雑誌
   7号には幻の内田善美の書き下ろしが載っているので、それを読みたい方は言ってください。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-04-14 02:40 | 書庫まつり(12) | Comments(8)
Commented by ろここ at 2010-04-14 09:21 x
おはようございます。
雑誌ペーパームーン、全然知りませんでした。
面白そう。表紙の絵も素敵ですね。

ぬりえの絵がナツカシーです。
たしかこの絵の着せ替え人形も昔あったような、遊んだような。。
私は着せ替え人形とぬりえが大好きだったんですよ。
Commented by しょーじ at 2010-04-14 12:48 x
こちらでは桜が散っているところです。。。

その雑誌、オッサンの目から見ると、なんだか妖しげな
ムードが漂っていて、ちょっと怖いですよ~(笑)
Commented by NOONE-sei at 2010-04-14 16:42
ろここちゃん、
うふふ、きっかけをありがとうです♪
よい雑誌だったんですね、話には聞いていて気になってましたが、
わたしも今回、実物は初めて見たんですよ。
これの持ち主はほんわりとサブカルなひとで、ほんわりどんな話題でもOKという感じ。
こういう雑誌に育てられたから垣根がないのね、と思います。
追記しましたから雑誌の詳細に興味があったら見てみてちょ。

着せ替え人形とぬりえ、いいですね~、とってもよい。女の子の基本。
いま、うんと小さい女の子がネット上で着せ替え人形をするんだそうです。
今度、そのちびにアドレスを聞いてみようっと!そしたら教えるね~
Commented by NOONE-sei at 2010-04-14 16:51
しょーじさん、
お花見はこれからですよー、でも夜桜はものすごく寒いです・・

ペーパームーンは、上等なサブカル雑誌のさきがけですよん。
「女の子の」というのが美しいぢゃないですか?
乙女の耽美だそうですから、男子禁制ですわ。ほほほ
妄想未満のあこがれや好奇心を形にした新書館という出版社は
すごかったんだ、という目でも読みました。
Commented by ひす at 2010-04-14 16:58 x
なるほど、私らには未知の世界ですね♪

でも、デビッド・ハミルトンだけはよく分かる♪
(=^^=)ゞ

昨日丹波篠山まで桜を見に行きました。
山ぶかいところは丁度満開!
里はもう散り始めてましたよ。
大阪は週末から八重桜の通り抜けが始まります。
そちらの桃源郷ももうすぐですね。
Commented by NOONE-sei at 2010-04-14 17:07
ひすさん、
おぉ、ナイスなタイミング!

未知の世界ですか?もしかしてhugoさんところには
こんな乙女の世界が散りばめられているのかもです。
記事にあるハミルトンの対談の相手はねー、宇野亜喜良だったですよ。
もう30年も前の雑誌なんですって、ぜんぜん古くなくてびっくりでした。

読みましたよ♪
原付バイクが先陣でその後ろに個性的なバイク軍、
もしくは大名行列のツーリング。ひすさんかっちょえぇ。

気がふれるような桃源郷になんだかむずむずするわたしって、 ・・虫?
Commented by mica at 2010-04-14 22:20 x
ペーパームーン、2冊くらいもってたような。。。
たぶん、大島弓子が表紙の号。
萩尾望都のも、ありましたか?(それはグレープフルーツ?)
いかにも「70年代」!ってカンジですよね。

お借りした中に、7号はありましたか?
内田善美の「妖精王の騎士」が掲載してるんですよねー。
いいな〜。読みたいな〜。
Commented by NOONE-sei at 2010-04-15 00:48
micaさん、
ペーパームーン、この10冊っきりで刊行は全部だそうです。
表紙は創刊号の宇野亜喜良以外はみんなペーター佐藤なので、おそらく
漫画家が表紙を飾ったのはグレープフルーツではないかと思われます。
内田善美はほとんどイラストで漫画の体裁をとってません。
というか、ペーパームーンは記事が大半で、挿絵と文、あとはイラストという感じ。
7号ですね。わっかりました、詳しくは直メで。

ところでこんなところでナンですが。わたしも先週末メガネ真っ二つ。
なんて仲良しだったんでしょう、びっくりです。
赤目はよくなります。低血圧ですから、単なる疲れだと思ってるんですが・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 56夜 菜の花の書庫まつり 54夜 実のなる木 >>