54夜 実のなる木


東海道線にしばらく乗ると、各駅停車は海岸線を下に見ながら走る。
山の斜面には葉の茂った木が幾本もあり、
そこに大きなだいだい色の実が、まるでこぼれるように生っているのを初めて見た。
とても不思議なものを見たと思った。わたしの知る大きな実は、紅か桃色か黄色だ。
たいして高くない木にだいだいでまん丸の実がたわわ、、、たわわ、、、。信じられない。

夏みかんのジャムを頂いて、その時の木を思い出した。
あれを一個一個採って剥いて刻んで煮て、その手間を思う。
うちでもブラックベリーのジャムやユスラウメや山おとこをジャムにする。
けれど、ひとつひとつの大きさが夏みかんとは比較にならない。
・・それにしても、あの実はあの木に対して大きすぎる、やっぱり不思議だ。

ところで昨年度聴講していた大学の授業で、とてもポピュラーな心理診断法があった。
検査の方法はいたって簡単、が、診断の方法は結構込み入っている。
名を「バウムテスト」という。
白紙一枚に「一本の実のなる木をできるだけ十分にかいてください」という指示、それだけ。
小さな子どもでもたやすく取り組めるので、臨床だけでなく発達の分野でも使う。
バウムテストは投影法という一方法で、このほかに質問に答える質問紙法と並行して実施すれば
より理解の精度が高くなる。

テストだとか検査だとか聞くと、身構えてしまうけれども、
自分の現在の素直な調子を見る、成長の様子を知る、くらいの気持ちで受け止めればいい。
教授は毎年、新年に一本の木を描くのだそうで、診断方法を熟知しているからといって、
意図的に描くわけではない。書道の書き初め(かきぞめ)みたいなものなんだろう。

54夜を読んで興味が湧いたら、検索すれば、よく知られているから診断法を見つけられる。
授業では、小学生の事例をいくつか扱った。
まず自らが被験者になるので、私自身も実のなる木を描き、客観的な所見も書いた。
「かいてください」は、実際には描いてくださいなのだけれど、書くと描くでは若干印象が違う。
かといって、漢字で大きく「木」と書くのはちょっと、いやだいぶ違う。

一年間の聴講で、十種類くらいの検査を学んだ。知能テストやEQテストにはちょと青くなった。
これらはさまざまな角度から光を当て、人物を理解していく一助として使われる。
実は診断法は世界の戦争で発達してきた。
適正検査などはまさにそうで、精神のリズムには世界的に共通するものがあるのだが、
それが乱れすぎていたり乱れなさすぎていたり、明らかに逸脱している例外も見た。
こんなものでなにがわかるんだ、と半ば反発や疑いを持ちながら始まった一年だったけれども、
学問としてながめると、興味深いことがたくさんあった。
自分自身のことも客観的にながめることができて、なんだ結構大丈夫なんじゃないかと思えた。

さてそのバウムテスト。
絵画的に描く人、省略して図案化する人、さまざま自由に描いてもらっていい。
わたしの場合、実のなる木は、なんといっても林檎。
なぜだろう、一本できりりと立っている感じがするからか。


                      * *


今夜は杜の都案内、おいしいもの編を。


■牡蠣
c0002408_2171449.jpg
仙台からはちょと離れているリアス式海岸の松島、カキ小屋がある。



c0002408_2215087.jpg
仙台の牡蠣料理屋。日本で二番目に旨い牡蠣フライ。冗談です。



c0002408_2233689.jpg
牡蠣二個をひとつにまとめて一個にして揚げる。




■甘い物
c0002408_22513.jpg
甘座(あまんざ)という名が可愛い洋菓子店。



c0002408_2264417.jpg
売茶翁(ばいさおう)という名が渋い和菓子店。



c0002408_2274218.jpg
店内はこんな感じ。



c0002408_2282280.jpg
菓子にはこんなカードが添えられている。古式ゆかしい文面。




□おまけ
c0002408_2294865.jpg
おもちゃ屋。市内をこんなバスが走っている。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-04-09 02:31 | ときおりの休息 杜の都(4) | Comments(8)
Commented by しょーじ at 2010-04-09 15:52 x
美味しそうな牡蠣ですね! 
私の大好物です(季節は終わりましたね、残念)。
こちらでは広島の牡蠣カキが有名ですよ~。
白ワインか淡麗辛口の日本酒できゅっと・・・!

木を描く心理テスト、何か大昔、やった記憶あります。
詳しくは覚えてませんが、とても健康的な診断結果だったような・・・(苦笑)
Commented by ひす at 2010-04-09 17:28 x
私は、紙を縦にして
そして真ん中に大きな木を一本。
葉は青々と茂り、実はもちろん赤くて真ん丸。
で、それがたくさん。
でも林檎かどうかはわからない。
ついでに背景は青空で、右上に太陽。
地面は緑ではなく、茶色で、根っこの部分が盛り上がってる。
セイ先生、こんな感じでいかがでしょう?

こんにちは!
世の名kに心理テストとかはいろいろあるけれど、
きもは、与えられた課題をどう解釈するかってとこだと思うんですよ。
その解釈の仕方で、ものの捉え方考え方が分かる気がするんですよ。
でも、口で言うはたやすいけれども、それはすごく難しいね。
でも、こと私についてはすごく簡単。
耳が下がれば警戒してるし、
尻尾を振ってれば機嫌がよい!
▼^ェ^▼

あ、美味しいものがあればもっと機嫌がよいですよ!
(既に心理テストでもなんでもないわいな♪)

売茶翁さんのウインドウのひし餅は甘いのかな?
下の段はひし餅かな?はくせんこかな?
ワクワク♪←今は機嫌がよい。

Commented by NOONE-sei at 2010-04-10 01:33
しょーじさん、
お、牡蠣お好きですか。
三陸の牡蠣は広島のよりも小粒なんですよ。
通常なら5月連休直前まで牡蠣小屋で食べられるんですけど、
今年はチリ地震の影響で3月いっぱいで終わっちゃいました。
地球規模の影響を小さな漁港が受けるってびっくりしました。
牡蠣を焼きながら白ワインを飲むだけでなく振りかけちゃう。
美味し~。
おなかに限りがあるのがほんとにくやし~。

バウムテスト、ご存知でしたか。
健康的な結果でしたら、順調に成長したってことでよかったよかった♪
Commented by NOONE-sei at 2010-04-10 02:22
ひすさん、
ひすさんが赤好きなのはよーく知ってましたけど、
おぉ、ひすさんの絵はカラフルですねーー。
いいですねー、でも実際には色は使わなかったなぁーー(笑)

与えられた課題の解釈ね・・・、被験者側のという意味かしらん?
言葉を仲介させない検査は、防衛をだいぶ避けられるので
被験者によっては感情を言語化するより適している場合もあります。
どの検査でも、見る要点は被験者の反応とか、
解釈しようとしてたらそのプロセスとかみたいです。
普段の耳とかしっぽを見るみたいなもの?
だから実施する時は構えを取り払ってもらうのがだいじなの~。
今年度も聴講するので勉強しときます・・・

上の段のは真ん中が白餡の蒸し菓子でした。
下の段のは「しほがま」だと思います。
はくせんこ、調べました!あと落雁。しほがまはざりざりしてる・・・

牡蠣フライは日本一の店がそちらにあるそうだから、こっちは二番目にしときました♪
Commented by ハクママ at 2010-04-10 07:46 x
育ったところによって、感覚って違うものなのですね。
私は静岡県清水市(現在は静岡市)の産。
ですから、実のなる木といえば、
濃い緑に鮮やかな橙色の実をたわわにつけた夏蜜柑の木が
「普通」です。
実家は市街地にありましたが、やはり夏蜜柑の木がありまして、
始末に困るほど実がなります。
まわりのお宅にも夏蜜柑の木がありますから、
差し上げても喜ばれず、自家消費に必死です。
たまに欲しいという方があらわれると、
「どうぞどうぞ、いくらでも」と、持ち重りがするほど
差し上げました。
蜜柑と違ってすっぱいし、大きいし、一度に何個も食べること
はできず、かといって母は面倒くさいのが大嫌いだったので、
マアマレイドをつくるなど、とてもとても……。
夏蜜柑は、かなり「困ったちゃん」だったのです。

ハワイではパパイヤやマンゴーのシーズンになると、
それらの木のないお宅には山ほどのパパイヤ、マンゴーが
届くのだそうです。
夏蜜柑には悪いけれど、その話を聞いて羨ましいと思いました。
無いものねだりですね。
世界の人たちに「実のなる木」テストをしたら、
きっと面白いだろうな〜。
砂漠の民はどんな絵を書くのだろう……
Commented by NOONE-sei at 2010-04-11 01:58
ハクママ、
なんとそれは「普通」観の違いの典型例ですねーー!
困るほどどこにでもあるのが、こちらでは渋柿かな~
焼酎で渋抜きして食べるんですが、数年前に方角が悪いからと
柿の木を切り倒して以来、今度は無くて困るものになっちゃいました。
畑になんか生りっ放しで鳥の餌になってるのに、それを横目に
産直所で渋々買うということに。あ、だじゃれになってる(笑)
欲しくても木の持ち主がわからなくて分けてもらえないんです~。
わたしなら夏蜜柑を分けてもらったら喜んじゃうな、マーマレード作ります♪
無いものねだりもわかるわかる。
わたし、林檎は煮るほうが好き、梨はあんまり好きでもない、
果物王国に生まれ育ってもいろいろうまくいかないものですねぇ。

バウムテストはスイスが発祥なので世界の検証は可能なんですけど、
砂漠の民ね~、考えたことなかったよ!
Commented by rakachibe at 2010-04-12 15:17
牡蠣、牡蠣、牡蠣っ!
食べたーーい!
牡蠣小屋行きたーーい!
来年は是非ご一緒させてください!
Commented by NOONE-sei at 2010-04-12 17:55
ツレさん、
行きましょ行きましょ。是非!
micaさんは焼きホタテなら食べられるかしら。
牡蠣小屋では牡蠣以外だとホタテです。
ツレさんは叫ぶほど牡蠣好きなのねー、わたしは踊るほど好きー。
いぢわる写メの王様は、叫ぶほどぢゃないくせに人に自慢するのよー(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 55夜 桜の書庫まつり  53夜 家出のすすめ >>