53夜 家出のすすめ


まだ一人だった頃、母と折り合いが悪くて家出をした。
わたしを案じて、王様の母がわたしに連絡をくれた。
王様の母は、日本の母を体現したような、包容力のある優しい話し方のひとだった。
娘のいない王様の母には、実母と娘が折り合えないことを想像するのは難しかっただろう。
王様の母にそういうことを想像しては欲しくない。
わたしは自分のことをうまく語れなかった。

その声の優しさにただただ泣き、あとになって腹立たしくなった。
それがなぜなのかよくわからない。
いいお母さんを持った王様が憎らしくなったか、
それとも、いいお母さんというものが世の中にあることが悲しかったか、
なにかに八つ当たりしたくなったのか。

鰐号がひとり暮らしをして一年になる。
初めは電話で今日の献立なんかを聞いてから来たのに、
今では昼となく夜となく来たい時に来て、
中学や高校の時のようにテレビで野球、PCで野球、携帯で野球、小型ゲーム機、
家族の茶の間を独占した後、風呂、飯、寝る、、をやってゆく。

鰐号が描く母親像は、鰐号の気分で話したい時には相槌を打ち、
温かいご飯、温かい風呂を用意し、ユーモアがあって明るい。残念でした。
わたしは鰐号の望みを叶えず居心地の悪さを告げるので、小競り合い大競り合いを繰り返し、
家財道具がひっくり返ったのは鰐号がはたちの時だった。

ひさびさに先日は茶箪笥が水浸しになった。
怪我をしなかったのは運動能力が高まったのではなくて、
居場所がなくなってわたしのほうが出て行ってしまったから。
母のお守りをして間を置かず鰐号に営業を強いられることに、我慢が利かなくなった。
犬小屋にでも家出すればよかった。

家出したわたしは父に連れ帰られたのだが、
あの時王様に、「家に帰れ」と言われなかったらどうだっただろうと今でも思う。
王様が鰐号に、「今、うちは大掃除中。おまえはしばらく出入り禁止」とメールをした。
鰐号が詫びるなどというのは記憶の遥か彼方なので、きっとまた
いつものようななし崩し戦法で時を稼ぐにちがいないのだが、
家出したかったわたしと家に寄り付き過ぎる子ども、
わたしの家出は、どうして子どもに遺伝しなかったかなぁ。



■杜の都(もりのみやこ)案内

c0002408_1105310.jpg
c0002408_1112295.jpg
仙台は戦後に復興した街なのだとか、どこか整然とした感じがする。
並木は冬になるとライトアップされ華やかな夜の街は不夜城のような印象。
秋には大きな音楽のフェスティバルがあって、街のあちこちから音楽が聴こえる。


c0002408_116088.jpg
c0002408_116443.jpg
デパートのショーウィンドウ。


c0002408_1183936.jpg
街に清潔感があって、ふたりで歩くのが似合う。


c0002408_1193078.jpg
夜の賑やかさが密集した通り。
牡蠣料理店、牛たん屋、海鮮居酒屋などなど店を選ぶのも楽しい。


c0002408_12297.jpg
ちょうどこの街を訪れた頃、「ゴールデンスランバー」という映画のロケ地で沸いていて、街のいたるところに映画にちなんだものが見られた。
本屋やカフェやレストランにはカラーがあり、皆そう遠くない所にあって移動しやすい。そうした店々に置いてある小さな情報誌を読むのは楽しい。
地方都市が地方や中央をあまり意識しなくなって、自分の街で丁寧に文化を発信してゆこうという緩くて息の長い動きが感じられるから、わたしが学生なら住んでみたい街かな。一生かどうかはわからないけど。


c0002408_1312969.jpg
仙台青葉城から観た街。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-04-07 01:39 | ときおりの休息 杜の都(4) | Comments(14)
Commented by bbking1031 at 2010-04-07 12:27
仙台はお寿司がおいしかった!

青葉城とかもいってないし……。
Commented by しょーじ at 2010-04-07 12:38 x
実は私にも家出した経験があるんですよね。
行方不明になる覚悟で旅立ったのに、わずか6時間ほどで帰路に・・・。
家の者は誰ひとり、私が家出したことに気がつかなかったという…(笑)
そして今は、相方に家を出て行かれ、慌てて追いかけるという情けなさです…。
Commented by ひす at 2010-04-07 15:37 x
こんにちは!
家出はおろか、一人暮らしの経験すらない私が来ましたよ!
久しぶりにひと悶着あったようですね。
…お疲れ様でございました。

家出か…
一度してみるかな?
でもわんこ達とはなれるのはつらいし、
一人でご飯を食べるも寂しいから、
家族全員で家出するか!
出来たら東北方面に1週間ほど♪

それって旅行やん・・・(=^^=)ゞ

いろいろ情報としては入ってきますが、
「牛タン専門店」というのが不思議で仕方ないです。
「シッポ専門店」、「耳専門店」、「前足専門店」などがひしめく、
バラバラ通りなんてことを想像してしまいまいました。
Commented by ろここ at 2010-04-07 18:13 x
こんにちは。
ゴールデンスランバーは原作を読みました。映画も観たいです。

仙台は義兄が転勤で住んでいた時に、ろこおと新婚旅行がてら行きましたが
駅前や町並みが広々と開放的な印象でした。
また行きたいなぁ〜。
ずんだアイス食べました♪
Commented by NOONE-sei at 2010-04-08 00:19
osaさん、
こちらではお久しぶりです♪
仙台にご出張はありませんか?
海が近い街なので、お寿司屋さんが美味しくてよかったねー。
青葉城はわたしも今までで二度しか行ったことないです。
仙台全域をいっぺん見てみようと思って、パタリロ持って出掛けました。
そうそう、ペンタックスを使っている人ってあんまりいないということを
ようやく最近知りました。
どのカメラでも、わたしが撮ったお写真になってくれるといいなと思います。
Commented by NOONE-sei at 2010-04-08 00:23
しょーじさん、
ぎょ。まさかそんなことがおありとは。
バランスいいしょーじさんしか存じ上げないので、驚きです。
それなりの苦労をして大人になったのね??
って、大人が家出をしないかというとそうでもない。
奥さまを追わなくちゃいけません、必ず。
わたしは王様と家訓まで作ったのに、家出をする時にいつも王様がいないの~
Commented by NOONE-sei at 2010-04-08 00:44
ひすさん、
鰐号めはただいまナリをひそめておるですよ(笑)
いつも案じていただきまして、、、ぺこり。

ひすさんは家出しなくていいのよー。
それに、ひすさんには、なんというか、家長になる運命があったのかもです。
うまく言えないんですけど、人の中で暮らしてゆくように
備わっているというのかな、そんな感じ。
ひとりの時間を上手に切り替えるすべも持っておられる、それは
わたしにとって見習いたいところです。
ご一家で家出は歓迎(笑)
塾は一軒家なのでどうぞどうぞ、滞在型リゾートユースホステル♪

しっぽと耳と前足と、、、って、爆笑でした。
身近だから、牛たんは個別に見ない食材だったけど、
そうではない人から見たら一緒かもですよねー、地域のちがいが
よーく感じられて面白い。
あ、牛たん焼きにはテールスープ(塩味、白髪ネギ、荒挽き胡椒)が付くの。
Commented by NOONE-sei at 2010-04-08 01:05
ろここちゃん、
ゴールデンスランバーの原作本を読んだですか!おぉ。
映画は、知っている仙台がロケ地なものだから客観的に観られなかったです。
わたしは盛り上がって観たけどろこ家ではどうかな?
井坂作品で「SOSの猿」には興味があって、五十嵐大介の「SARU」という漫画と
競作なのですって。活字の本、読んでみようかな。

仙台まで新婚旅行、う~ん、すてき。○○婚旅行でまたこちらに来て来て♪ ところで↓
http://www.900.fm/advice_1.htm
電気器具婚とか書いてあって、面白いー。
Commented by ツレ@家出経験者 at 2010-04-08 04:19 x
家出はねー。
楽しいのよ。
時間さえ許せば独りでフラフラしていたいのだ。
そういえば、中学の時、友達三人と旅行に行って、途中フェリーにワシ乗り遅れて(笑)
友達は大変だ!とそのまま旅行を終えて家に帰ったのだが、
ワシは悔しいので野宿して一泊して家に帰って大目玉くらったことがありますW
仙台の牛タン、食いたい。
Commented by ハクママ at 2010-04-08 14:54 x
納得。
私も母とは折り合いがつかなかった方です。
だから、NHK的ホームドラマはどうもむずがゆい。
うそつけって、ね(苦笑)
今になると、母のこと、理解できるけれど。
Commented by bbking1031 at 2010-04-09 00:51
そういえば仙台で牛タン食べました。
あんまり……でした。
仙台の桜はいつごろなんでしょうね。

また旅にでたいです。
Commented by NOONE-sei at 2010-04-09 02:51
ツレさん、
ぎゃははは
それ、家出って言う~?わたしのひとり湯治と同じくない~?
野宿の話、いい話だなぁ(笑)
ツレさんをすでにそのエピソードが証明している気が・・・
なにを というとツレさんのフットワークですな。
すでに中学で形成されていたという。
ずっとずっとそのままでいてねー。
また一緒に旅行しましょう!!!
Commented by NOONE-sei at 2010-04-09 02:59
ハクママ、
うんうん、むずがゆい、そうそれだ。
わたしには永遠のテーマですよ。
こういうのは共感できるできないはもう決定的な差があると思います。
「母に一生信じてもらえない娘」を、人に分かれって言っても無理だと思う。
経験の差だからどうしようもない。
そして、わたしにはちくちくと後ろめたさがあるのよねぇ・・
でもこうして書いちゃう(笑)
Commented by NOONE-sei at 2010-04-09 03:08
osaさん、
あーーー、食べたんだぁ。
焼き方が上手な店じゃないと硬くてだめかもです~。
それは残念だった・・

桜はこちらでは市内の陽の当たる斜面ならほんのちょっと咲いたらしいです。
でもまだですよー。といいつつ、花桃も咲き始めたし連翹もだいぶ黄色いし、
桜は突然咲くので目が離せません。あと一週間したらもしかすると桃源郷かもです。
仙台はこちらより数日遅いですよ。

osaさん、またぜひおいでください♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 54夜 実のなる木 52夜 ひとりふたり >>