52夜 ひとりふたり


昔は女性のひとり旅は嫌われた。
わたしの育った山あいの温泉町では、旅館にひとりで泊まる女は傷心と相場は決まっていて、
夜に宿を求める女性客は、部屋に空きがあっても断られたものだった。
自殺でもされたらあとが面倒だったからだ。

旅館と死は離れてもいない。
旅館の湯は源泉の硫黄がきつくて、朝に客が風呂で浮いていたなどということは、
めったにはないが、そうめずらしいことでもなかった。
そんな事故があっても、宿の営業は休まなかったし、
誰もわざわざ口の端に上(のぼ)らせるということもなかった。

近頃はだいぶ様子も変わってきていて、
ひとりで泊まる女性を歓迎する宿が増えた。
少人数の女ともだち同士で泊まるということはよくあるが、
日常の喧騒を離れてのんびりしたい、そういうひとり客も増えてきて、
男性は旅することを楽しむために宿に来るのに対し、
宿で過ごすことを楽しもうという女性の志向が多くなってきたのだ。

なかにはめずらしい客もいる。
ひとりなのに二人分の宿賃を払いたいという話。
布団も二人分敷いて、食事は子どものものを用意してくれと言う。
動物じゃない。人形を連れてくる。
人形の数え方は一体二体。けれどもそういう客の場合はひとりふたりと言わなくちゃならない。
どんなわけがあったかは知らないが、生きている人として扱い、
おろそかにしてはいけないので仲居は神経を使う。

人形は小さな子どもくらいの大きさはあり、兄弟会や子供会や同窓会があったりもする。
補修が必要な時には、それを里帰りという。
どこまで人として扱うのか扱われたいのか、
どこまで人として信じているのか信じて欲しいのか、
人間の心の深淵は量り知れないし、深淵のほうも人を覗き込んでいるというから、
目を閉じて、深淵とやらと目を合わせないにこしたことはない。



今夜はわたしのひとり旅を。


c0002408_3201015.jpg
お供はこの写真機パタリロ。ひと月くらい前のひとり湯治の旅。


c0002408_3224770.jpg
以前にも女ともだち数人で湯治に来た小さなリゾートホテルなので緊張しない。ロビーにはこんな春が。


c0002408_3243748.jpg
オフシーズンだったので、宿のはからいで正午からチェックインさせてくれた。まず風呂。


c0002408_3282996.jpg
三人部屋、これをわたしひとりで使う。のびのび。


c0002408_3293651.jpg
読み物を用意して、飲み物を用意して。


c0002408_3313855.jpg
部屋からの夜。ひとりの夕食もさみしくない。
夜の料理はパタリロでまだうまく撮れないので、なし。


c0002408_334099.jpg
c0002408_3341181.jpg
朝食ものんびり。外はまだ寒くて、雪が残っている。
外は仙台郊外の名取川、まだ冬だったのに家よりも北に行きたいと思うのはなぜだろう。


ひとり湯治はくせになるかもしれない。
まったく退屈しないで風呂三昧、読書三昧、気分が一ヶ月は保てる気がする。
[PR]
by NOONE-sei | 2010-03-31 03:48 | ときおりの休息 杜の都(4) | Comments(8)
Commented by しょーじ at 2010-03-31 12:16 x
男の一人旅も、旅館によっては焼き肉屋に行くぐらい行きにくいですよ(笑)。
私が宿屋なら、人形と一緒よりも、一人のお客の方が良いですね。
というか、人形は苦手です・・・。蛇より苦手です。

それにしても・・・ひとり湯治、羨ましいです~!
(夜の料理はきっと豪勢だったはず)
Commented by ひす at 2010-03-31 15:03 x
いや~。
毎回毎回、絵のようなきれいなお写真で驚かされます。
つくづく、写真はセンスですな!
センス・オブ・ワンダー!ヽ(^∀^)ノ

今回のお料理は特にすごい!
おかいさんの上のはおぼろ昆布?
下のは、かよちゃんが
「オレンジのシチューだ!」
と騒いでおりました。
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

お人形連れ。
さいしょ、お子さんをなくされた親御さんかと思いましたが、
「同窓会」「兄弟会」?
もしかして、萌え系のお人形ですか…?
最近車の助手席に着飾らせて乗せている車もあると聞きますので…

ああいう人らって、ごっこのつもりが、いつの間にか本気になって、
気がつけば、ものに心が宿るから、
もうほんまに、何が虚で何が実やら…

ま、たまに、
「あれ?だいじょうぶか~?」
と、自転車に話しかける私が言うのもおかしいけれどね。
(=^^=)ゞ
Commented by ハニーJ at 2010-03-31 17:34 x
いやあ、うらやましい。
なんて贅沢な!

私もいつかきっと一人旅。
ハッ。
マラソン大会の遠征にはいつも一人旅なんだった。

でも、宿を楽しむ一人旅には程遠いのです。
Commented by NOONE-sei at 2010-04-01 11:21
しょーじさん、
あ、そうかビジネスホテルとか B&Bのほうが気楽かもですね。
・・書きましたね~?「長いもの」をしかも漢字一文字で。くぅぅっ。
気味悪いお話でしたから、許す!(←エラソー)

夕食はですね、プチフレンチコースでしたの。
お肉はヒレのグリルでしたの。
悔しがってくださいませ(笑)
Commented by NOONE-sei at 2010-04-01 11:33
ひすさん、
センス・オブ・ワンダー!おぉぅ、不思議感ですね?
お写真をほめてもらうと木に登ります!ありがとうです♪
「オレンジのシチューだ!」もとってもセンス・オブ・ワンダー(笑)

わたしもお供のパタリロに「しっかり写せ~」とか念じますので、
生き物扱いはよくあることですよね。
そこに、こだわりとか個人的な思い入れが入ってくると、
もう、その人(たち)にしかわからない感覚になるのではないかな。
理解できなければ共感することもむずかしくなる。
いつも思うことですが、「これもしかしたらちがうかも」っていう、
自分に確固たる自信が持てなくてどこかちょっとやましい、そういう感覚って大切で、
案外そのやましさがバランスを取る鍵なのではとも思うのです。

温泉場にはいろいろ裏話があるのですよ~
Commented by NOONE-sei at 2010-04-01 11:45
ハニーJさん、
コメントありがとうです♪距離がちぢまった気がしてうれしいです。

レースのときはおひとりでしたか!
目的があって準備して、文字通り体の準備を整えてひとりで泊まる。
うわぁ、すごい緊張感だなぁ。

おとなの女性のひとり旅、宿を愉しむ湯治。
想像していたよりも何倍も快適で意味がありました。
わたし、おばあちゃんになってもまた行きたいです。
ハニーJさん、わたしと将来おばあちゃんふたり湯治、やりますか!(笑)
Commented by ハクママ at 2010-04-01 18:16 x
なんと優雅な…。うっとり。

私もひとり旅をすることはあるけど、
残念ながら、仕事です。
ひとりの時間が好きという女性が、好き。

Commented by NOONE-sei at 2010-04-01 19:42
ハクママ、
おひさしぶりです♪
風呂とひとりの時間、これ以外にはなにも目的のない湯治でした~。
時計はときどき見ましたよ(笑)

ハクママも仕事をする女性、自分だけのためにというのは
案外持てない時間なのかもですね。
でもひとりの時間がお好きでしょ?だから、ハクママ好きよん chu
名前
URL
削除用パスワード


<< 53夜 家出のすすめ 51夜 血湧き肉踊る >>