42夜 化粧直し


母方のばっぱちゃんは旅館の末娘だったので、親が手放して嫁にやるのにしのびなく、
苗字を継がせて分家に出した。
そこで子が生まれ孫が生まれれば、亡きばっぱちゃんの家は本家となるのだが、
辿れば旅館が、本家の本家ということになる。
血は水より濃いけれど、薄まっていくのが本来の姿。
山あいの温泉町はちいさいから、血だけが薄まり付き合いは色濃い。
分家や新宅にとって、総本家は根に拠って立つ場所だ。

葬式などがあると系図が頭を巡る。
親の代、祖父母の代と、やっと糸が繋がるのはそういう時で、
誰がどこに位置するかという系図を浮かべて、集う人に挨拶することになる。
これが幼い頃にはなんだか恐くて、大きくなると疎ましくて、できれば避けて通りたいものだったが、
いつのまにか自分の子どもに長男の務めとしてこうしたことを仕込むことになった。
苗字だったり並び順だったり、滞りなく務めるための要点を伝えながら、
自分が背を向けてきたことを棚に上げて鰐号を教育する可笑しさに内心苦笑する。

小さい時から可愛がってくれた総本家のおかみさんが亡くなり、葬儀があった。
鰐号を伴って枕辺に別れの挨拶をし、改めて通夜と告別式に出席した。
華やかで気性は豪胆で、歌の上手いひとだった。
枕辺の顔は美しく、豪奢な宝飾品が亡くなってもなお似合う。
通夜の席では生前の歌が流れ、拍手が起こった。
それは「カスバの女」という古い流行歌で、小さい時に彼女に教わったからわたしも歌える。

死化粧はむずかしい。
生前の容貌を思い出させるものでありたいのに、そうでない場合も多い。
葬儀社の専門の人は、愛用していた化粧道具では整えてやらないことが多いからだ。
彼女の死化粧は彼女の娘と若おかみが施した。
枕辺から告別式までの数日間、毎日、日に二度化粧直しをしたという。
そうまでして保つおかみの顔とはなんだろう。
旅館の顔、総本家の顔、そして鰐号たちの新しい系図を目覚めさせる顔?




                       * * *



写真機パタリロの試し撮りと化粧直し
c0002408_3471947.jpg
c0002408_3474551.jpg
上はオート。下はそれを色加工。


c0002408_3512072.jpg
c0002408_3513399.jpg
上はオート。下は絞り優先パタリロまかせ。


c0002408_355635.jpg
c0002408_3551983.jpg
上は絞り優先パタリロまかせ。下はそれを色加工。


c0002408_3583574.jpg

c0002408_40131.jpg
c0002408_40279.jpg
上はオート。真ん中は赤を加えコントラスト強く。下は明るさを強く。

パタリロはほっとくと青が強く写る。ピントもまだよく合わせられないが、オートじゃないほうがいいのかな。
絞り優先に、お花マーク(マクロ)それにわざと離れてズームを使うと、周囲にボケ感が出るのかしらん。
[PR]
by noone-sei | 2010-01-28 03:23 | Comments(6)
Commented by しょーじ at 2010-01-28 12:21 x
私の父は養子なので、しょーじ家と血のつながりがありません。
しかも、祖父は分家の末弟だったため、今も系図はさっぱり・・・。
(というか、そもそも、ほとんど付き合いがない・・・)

新しいデジカメ、使いこなされてるようですね。
でも、マクロは本来、接写のために使うんですよー(苦笑)
絞りを開放もしくは、開放から一段ほど絞って、
被写体から離れて望遠レンズで撮影すれば、きれいにボケます。
(なので、最低でもF2.8のレンズが欲しい)
Commented by at 2010-01-28 21:12 x
今のところパタリロまかせが一番(w)
色の青みはホワイトバランスをまめに設定です。
来週あたり、チャンピョンベルトを見せに行けそうです♪
Commented by ひす at 2010-01-29 12:53 x
本家分家、そういうのと全く縁なく育った私には、
せいさんのお話が、まるで物語のワンシーンのように映ります。
と、全く関係ないのに
「閉じた空間では、濃度の濃い秩序あるものは、濃度の薄い無秩序へと進む。」
という、エントロピー増大の法則を連想してしまいました。
その空間の秩序を保つには、
流れを断ち切るためには、一度外部に空間を開かねばならんのだなあと、
ふと的外れなことを考えたり…
やっぱ、本家分家などが私には実体験としてないので、
ついつい頭の中で勝手にいじっちゃうんだなぁ。

>お写真
美味しいもの、かわいいもののバージョン違いが見れて嬉しい♪
Commented by noone-sei at 2010-01-30 02:10
しょーじさん、
なにしろ横溝正史の小説のようなところですから~~
鰐号は、遠縁のおばちゃんにどこかのばあちゃんのところに連れて行かれ、
「これは○○(母の名)ちゃんげのセイちゃんの息子!」と紹介されるわけです。
どこかのばあちゃんも、たぶん血が繋がっているんだろうなぁ。
わたしなぞ、ちかごろやっと系図がわかってきた新米です(笑)。
「げ」というのは「家(け)」という意味だと思います。
方言は都ことばが流れてきて、都ではすたれても田舎で残っているもの、
しかも濁音になる~。

パタリロは、まだわけがわかりません~
しょーじさんの語句が外国語のようだったので一生懸命調べました。
絞りを開くと数が小さくなるんですね?
Commented by noone-sei at 2010-01-30 02:25
坊さん、
やっぱりオートぢゃいまひとつだよねーーー。
なんちゃって一眼のように使うには調整も覚えなきゃなのね?
しかもホワイトバランスもなのね?
ツレさんが近くにいたら一緒に覚えるんだけどなぁ。ひとりはつらい~。

ベルトって、チャンピオンってわざと表記しないのかな。
では名誉のお品と坊さんのお披露目のカメラ、お待ちしてるわ~。chu
あ、お弁当も持って来て。
Commented by noone-sei at 2010-01-30 03:03
ひすさん、
エントロピー増大の法則って・・・物理、熱力学なのね?調べました。
エントロピーが大きくなるのはごちゃっとしたのがばらけること、水にたらしたインク。
それは平均化されていくとみてもいいこと、
閉じた系でなければ成り立たない法則のようでも、
もっと大きな系でみれば同じこと、と読み取ったんだけどちがったか・・?
エントロピーが小さくなるっていうのは無いのね~。
あ、でも葬式には狭い地域に遠くから人が大勢集まるから、
水にたらして薄まったはずのインクが逆回転で濃くなるイメージだわ~。

パタリロ、修行するです・・・
そうそう、ひすさんにリクエストがあります。
せっかくのデジイチを持ってらっしゃるのだから、
たまに大きめのお写真も載せてくだされ♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 43夜 茶うけ 41夜 書き文字 >>