42夜 化粧直し


母方のばっぱちゃんは旅館の末娘だったので、親が手放して嫁にやるのにしのびなく、
苗字を継がせて分家に出した。
そこで子が生まれ孫が生まれれば、亡きばっぱちゃんの家は本家となるのだが、
辿れば旅館が、本家の本家ということになる。
血は水より濃いけれど、薄まっていくのが本来の姿。
山あいの温泉町はちいさいから、血だけが薄まり付き合いは色濃い。
分家や新宅にとって、総本家は根に拠って立つ場所だ。

葬式などがあると系図が頭を巡る。
親の代、祖父母の代と、やっと糸が繋がるのはそういう時で、
誰がどこに位置するかという系図を浮かべて、集う人に挨拶することになる。
これが幼い頃にはなんだか恐くて、大きくなると疎ましくて、できれば避けて通りたいものだったが、
いつのまにか自分の子どもに長男の務めとしてこうしたことを仕込むことになった。
苗字だったり並び順だったり、滞りなく務めるための要点を伝えながら、
自分が背を向けてきたことを棚に上げて鰐号を教育する可笑しさに内心苦笑する。

小さい時から可愛がってくれた総本家のおかみさんが亡くなり、葬儀があった。
鰐号を伴って枕辺に別れの挨拶をし、改めて通夜と告別式に出席した。
華やかで気性は豪胆で、歌の上手いひとだった。
枕辺の顔は美しく、豪奢な宝飾品が亡くなってもなお似合う。
通夜の席では生前の歌が流れ、拍手が起こった。
それは「カスバの女」という古い流行歌で、小さい時に彼女に教わったからわたしも歌える。

死化粧はむずかしい。
生前の容貌を思い出させるものでありたいのに、そうでない場合も多い。
葬儀社の専門の人は、愛用していた化粧道具では整えてやらないことが多いからだ。
彼女の死化粧は彼女の娘と若おかみが施した。
枕辺から告別式までの数日間、毎日、日に二度化粧直しをしたという。
そうまでして保つおかみの顔とはなんだろう。
旅館の顔、総本家の顔、そして鰐号たちの新しい系図を目覚めさせる顔?




                       * * *



写真機パタリロの試し撮りと化粧直し
c0002408_3471947.jpg
c0002408_3474551.jpg
上はオート。下はそれを色加工。


c0002408_3512072.jpg
c0002408_3513399.jpg
上はオート。下は絞り優先パタリロまかせ。


c0002408_355635.jpg
c0002408_3551983.jpg
上は絞り優先パタリロまかせ。下はそれを色加工。


c0002408_3583574.jpg

c0002408_40131.jpg
c0002408_40279.jpg
上はオート。真ん中は赤を加えコントラスト強く。下は明るさを強く。

パタリロはほっとくと青が強く写る。ピントもまだよく合わせられないが、オートじゃないほうがいいのかな。
絞り優先に、お花マーク(マクロ)それにわざと離れてズームを使うと、周囲にボケ感が出るのかしらん。
[PR]
by noone-sei | 2010-01-28 03:23


<< 43夜 茶うけ 41夜 書き文字 >>