35夜 秋の図鑑  壱


うちから見える姿の良い山、吾妻山に初冠雪があった。
けむっていたり雲がかかっていたりすっきりと輪郭がなぞれたり、
山はその日の天気を教えてくれる。

雪が降る少し前に、猪苗代湖に行った。
湖が見える皇族の別邸の周囲には手付かずの森があって、
木々や花や生き物のいる気配を感じながら
森の中を自然観察員に連れられて歩いた。

天から白が降りて、
もう森はその時とは様子が変わっているだろうが、
今夜から数夜は、晩秋だった頃の「秋の図鑑」。


めずらしく、物の名知らずのわたしが懸命に覚えた名を記してみる。
■花や葉の図鑑
c0002408_2274466.jpg
c0002408_227581.jpg
上:高台に作ったもみじ山のイロハモミジ。下:自生するヤマモミジ。


c0002408_2335417.jpg
可憐な花、ツリガネニンジン。もう少し房の大きいものを見たことがある。


c0002408_235677.jpg
c0002408_2352423.jpg
上:コシアブラの葉。山菜の王様と言ったらタラの芽もいいけれど、わたしはコシアブラ。
こんなに白くて目を引く葉なのに、春には若芽だからきっと見つけられない。
下:コシアブラの木。


c0002408_243389.jpg
ウルシの葉。これは樹の肌を赤い茎が這いのぼっている。
かぶれてしまうので、触ってはいけない。


c0002408_246223.jpg
なんとかいう名のラン。
・・やっぱり覚えられなかった・・。


c0002408_247447.jpg
これも覚えられなかった葉。
民間療法に使われるのだとか。
[PR]
by noone-sei | 2009-11-08 02:48 | 秋の図鑑(6) | Comments(8)
Commented by かよ at 2009-11-08 12:23 x
セイさんお久しぶりです。
もみじのお写真の下のほうを、かえでかと思いました。
もみじにも色んな種類があるのですね。
未だ「もみじ」と「かえで」の区別ができずにいます。
「もみじ」は天ぷらにして食べれるほうで、
「かえで」は食べられないほう?と思っています。
かわいいお花はツリガネニンジンというのですね。
そういえば釣鐘みたいなカタチをしているけれど、
「ニンジン」はどこからきたのかしら。。
根っこがニンジンみたいなのかしらん。
コシアブラというのも面白い名ですね。

Commented by bbking1031 at 2009-11-08 23:45
紅葉きれいですね♪

そうそうメディアが一枚でてきましたがいりますか?
Commented by noone-sei at 2009-11-09 23:54
かよちゃん、いらっしゃいませ~。
なーんにも考えないでupしましたが、語源とかをいま調べてみたら、深い深い。

モミジと呼んでいるお手々の葉っぱは、みんなカエデのことだったような。
カエデのなかで特に切れ込みの深いのをモミジと呼んでいるのだったかな。
http://shinrin-jp.jugem.jp/?eid=16
詳しくはこちらにあったよん ↑
ツリガネニンジンの根は高麗人参に似てるんですって、かよちゃん当たり♪
コシアブラも漉した油に由来するそうだし、
名前から豊かに想像をするかよちゃん、素敵ね~。

コシアブラの天ぷらは美味しいです!
春の山菜だけでなく、春の新芽はほとんどが食べられるんですって、じゅる・・


Commented by noone-sei at 2009-11-09 23:58
osaさん、
そちらのお写真も綺麗な秋でしたねーー。
意欲的に撮られましたね。
加工がおもしろいです。

>メディア
要ります要ります、よろしくです、ぺこり。
Commented by かよ at 2009-11-13 14:38 x
セイさん、ありがとうです♪
紅葉狩り…てっきり紅葉を天ぷらにする為に
きれいなのを「狩り」に行くのだと思っていたのでした。。
コシアブラの天ぷら…どんな香りがするのでしょう。。
Commented by ひす at 2009-11-14 16:22 x
もみじの天ぷら♪
こちらの紅葉の名所にはそういう名物があるのですよ。
甘い衣が沢山のっかっていて、丁度かりんとうのようなお菓子です。
でも、その材料を採りに行くのが「もみじ狩り」ではないでしょうにね~。
(うちの奥さんったら!( ゜∀゜)アハハ)
でも面白いから、今後そう言いふらそう♪

そちらは本当に秋の装いですね。
いや、もう冬かな?
こちらはまだ暖かく、午前中はシャツ一枚でしたよ。
冬物仕入れたのに動かない・・・
_| ̄|○
Commented by noone-sei at 2009-11-15 02:44
かよちゃん、
わたしこそいろいろ調べて楽しかったです。
モミジの天ぷら、わたし食べたことありません。
というか、信じられないような山菜の数々を食するくせに、
モミジを食べるということを知りませんでした!
春にね、農産物の産直所で見つけることができたら送ってあげましょ、コシアブラ。
来年の話をすると鬼が笑います、くすくす・・。
Commented by noone-sei at 2009-11-15 02:55
ひすさん、
かりんと風モミジのお菓子!へぇ~~、おもしろい~。
ご飯のおかずにするのかと想像してましたよ(まぢ)。
お宅のかわいい奥さんは、花より団子で真剣にモミジを狩ろうとしましたね。
わたしも今後そう言いふらそう♪

こちらは毛のセーターを着ています。
昼間、気温があっても綿のものだと寒いです。
大好きな裸足でいられなくて、靴下を履いています。
夕方の散歩は耳が痛くなります。
こちらはとっくにもう冬物仕度、こっちに来て売ればいいのに。ってダメか・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 39夜 秋の図鑑  五 30夜 ときおりの休息 弐  白い月 >>