26夜 ときおりの休息 弐  秋は馬車に乗って


「春は馬車に乗って」は読むにきつい昔の小説だけれど、
今、この地は秋が加速している。
小説では、花が春を撒き散らしてやってくる。
わたしの家の辺(あた)りには、馬が騒ぎを撒き散らしてやってきた。

春に田植えを見たと思ったら、もう稲穂は頭(こうべ)を垂れはじめた。
道路にはカマキリがいたり、カエルが干からびていたり、イナゴが跳ねている。
そんな道を夕暮れにシワ コ ととぼとぼ歩いていたら、
向こうから馬が歩いてきた。

白と黒の大きな馬は二頭で並んで、ぱかんぱかんと蹄(ひづめ)の音はのんびりだ。
横を悠然と通り過ぎるのをわたしたちものんびりと見送った。
すると向こうから停めてくれという声と軽トラックと、車から降りたおじさんが見えた。
おじさんは革ひもを持って、どすどすとゴム長ぐつの音を立てて少し早足だ。

わたしもシワ コ も馬は大好きなので、「ぽーぽーぽー」と呼びながら追ったら、
馬は田んぼの畦(あぜ)に曲がって行ってしまった。
おじさんも馬を追ったのだけれど、軽トラックのおばさんにはもう薄暗くて行き先が見えない。
わたしが、おじさんと馬が戻ってくるよと告げると、安心して顛末を教えてくれた。

うちから二キロくらい先の、道路の向こうに馬を飼っている家があって、
馬が走るのはよく見かけたし、道路を歩くのも見たことがある。
馬は生きた乗り物。軽車両だから、自転車やリヤカーみたいなもの。
大きいから、たとえ一頭でも馬車というほうがなんだかぴったりくる。

それが、厩舎(きゅうしゃ)の柵を越えて逃げたのだそうだ。
そういえば、二頭ともはだか馬で鞍も手綱も付いていなかった。
車が速度を出して追って、馬が走って逃げ始めたら捕まえられない。
競走馬出身の馬は、二頭並ぶと競馬で走っていたことを思い出すのか、
走りたくなるというから、下手に刺激するわけにはいかない。

それで、馬が自由な散歩を満喫するまで車はゆるゆると後ろに付きながら、
ときどき降りては捕獲を試みるという繰り返しでうちのほうまでやってきたというわけ。
軽トラックには二頭は乗らないし、おじさんの引き綱で馬はまたぱかんぱかんと家に帰ったのだが、
実はパトカーや警察の大きな車両も来ていて、一見のんびりとしたこの大捕り物を見守っていた。

おばさんが、いつでも家に馬を見に来ていいと言ってくれたので、
おまわりさんに、慌てて運転して免許証を携帯するのを忘れてしまったと言ったのは
聞かなかったことにした。




今夜は旅の乗り物のお写真を。

■空の乗り物 ハッピーフライト
c0002408_1352519.jpg
やっぱり飛行機がいい。
「ウォーターボーイズ」の監督が撮った映画「ハッピーフライト」がわたしは好きなんだが、
飛行場やそのバックグラウンドが身近なものに思えてくる。


c0002408_1404937.jpg
飛行場で勤務する人々。


c0002408_1414830.jpg
映画のとおり、離陸する飛行機に手を振って見送ってくれる。


c0002408_1424777.jpg
羽というの?翼というの?
ぱたぱたと小さな羽根が出たり引っ込んだり。


c0002408_144226.jpg
ちょうど席の下。飛行機の腹から荷物を降ろす。



■陸の乗り物
c0002408_1482824.jpg
空港バスの発着掲示板。


c0002408_1492138.jpg
これは地下の乗り物が通るところ、心斎橋駅。


c0002408_1501942.jpg
天王寺駅。
わたしたちは飛行機で東北から、友人は夜行バスで関東から、
大阪で会おうという以外、なにも決めないばらばらな旅の線をつないだ点の駅。
一年ぶりに会いたい人に会って、じんとなりながら見送ってもらった駅。


c0002408_1573998.jpg
梅田駅。
阪神線で神戸に向かうときに見た券売機。甲子園の入場券情報が貼ってある。
じじばば鰐号の夢は、甲子園で阪神対巨人戦を観ることだった。


■ぎょっとする乗り物
c0002408_241156.jpg
おくりびと ・・って。
なんば駅。これに年寄りが何人も乗って、ほんとうにぎょっとした。
[PR]
by noone-sei | 2009-09-13 02:05 | ときおりの休息 弐(8) | Comments(14)
Commented by ひす at 2009-09-13 15:27 x
なんとまあ!驚き桃の木ですね!
でも無事に捕まえれてよかった~♪
でも馬さんたちはそんなことは全く気にしないで、
「よいお散歩やったね♪」「そやね♪」
と話しながら家路についたのでしょうか。

馬は道交法では軽車両扱いの乗り物だということが、
普段馬を見ないわれわれには不思議な感じがします。
だから、生き物を乗り物と感じるよりは、
乗り物を生き物にたとえるほうが、反対に容易に想像できます。
飛行機は鳥、車・バイクはそれこそ馬?
地下鉄はだんぜんミミズ!
でも地上を走る電車は…
おっと、その先はここでは口にしたらいけない言葉ですね♪
(=^^=)ゞ

>おくりびと ・・って
いやほんま、確かにそうだ!
このバスは野利用者はほとんどがお年寄りなのに…
(=^^=)ゞ
Commented by noone-sei at 2009-09-13 23:04
ひすさん、
ごぶさたです~、
どうしてひすさんちがうちの隣じゃないんだろう?と不思議です。

そうそう。馬のアフレコはきっとひすさんが想像されたとおりではないかなぁ。
でも、こんな住宅地で走ってもし人がいたら・・
田んぼにつっこんでいったら・・
そのまま車が往来する大きな道路に走り出したら・・
一見のどかそうでいて、ほんとはこわーーい可能性がたくさんあったかも。
散歩道の綿羊や、こんなふうに脱走する馬を見るからといって、
うちは北海道の牧場じゃないし、ごくふつうの田園地帯なんですけどね、
わたしのお話を読む方々には一体どんな場所に住んでるのかと思われちゃいますよね。

車の座席に背中を付けない、バイクでハンドルを強く握らず脊椎を立てる、
そんな意識を持つと、馬に乗った感触がすこし感じられるかもです。
地下鉄はモグラでそ?地上の電車はワニでそ、ワニ!

おくりびと・・ やっぱりノンステップだからお年寄りの乗り物だったのね?うわ・・

Commented by rakachibe at 2009-09-14 02:39
うまの居る風景なんてサイコーですね。
ラモーナだったらビビって吠えまくりだな。
とmicaと話しておりました。

でで、おくり人バス。サイコーですねw
直葬15万円のコピーもキョーレツ!
ノンステップではなくあの世までのノンストップバスなのだな。
Commented by at 2009-09-14 18:38 x
一番目の写真
離陸に備えてフラップが半分ほど下がっている状態
離陸は着陸よりも速度が速いので翼面積はこのくらい。

二番目の写真
飛行中でフラップは格納されているけれど、
スポイラーがわずかに立って速度調整(多分)をしている状態
着陸体制に入ろうとしているのか??

三枚目の写真
降下してほぼ着地する状態で、
スポイラーを全開し空気抵抗で速度を落とすとともに
速度低下による失速を防ぐため
フラップを最大に下げて翼面積をひろげている状態

です。
Commented by ハクママ at 2009-09-15 07:24 x
坊さん、初めまして。ハクママといいます。
飛行機に詳しいんですね。

空の乗り物としては、もっとも原始的なパラグライダーも
同様の方法で速度を落としたり、ターンしたりします。
私は以前、ランディングのとき、上昇気流が強すぎて
なかなか降りられず、ついコントロールコードを引きすぎて
失速し墜落しました(笑)。その結果、腰椎圧迫骨折。
原始的でも原理は同じだなあと、後から納得(遅すぎ)。


Commented by noone-sei at 2009-09-15 12:23
ツレさん、
犬と馬は相性がよくて、馬が落ち着くので犬を飼うことって多いんですよ。
シワ コ はコラーゲンたっぷり馬のひづめはもちろん、
食物繊維たっぷりのう○ちも好きで、、、 ひぃぃ~
micaさん、馬に乗りたいって言ってらしたね、そういえば。
競馬場のサービスで無料講座とかよくあるのでチェックしてみるのも手ですよん。

>おくり人バス
お別れだけなら直送・・、ぢゃなかった直葬っつうのもすごくない?
ふつうにこういうコピーが町を走り、クレームがこないという
大阪のふところの深さというか腹の大きさというか、うん、すごいっ。
Commented by noone-sei at 2009-09-15 12:30
坊さん、
うん、あらためて二番目の写真を見直したら、空港が見えてくる頃のでしたよ。
それにしても伊丹空港って町のすぐそばなので、飛行機は揺れながら急降下、
耳が痛くなる高度差できつかったです。
飛行機が小さいので、たしかに空に浮かんで飛んでる、っていう臨場感があったなぁ。

・・で、坊さんて、飛ぶものがそんなに好きだったのね??知らなかったなぁ~
Commented by noone-sei at 2009-09-15 12:38
ハクママ、
ぎょぇーーー
ハクママが撮った、足だか手だかが写っている空からの写真を見たことがあるので、
ハクママがパラグライダーに乗るのは知っていたけど、
骨折ぅ!腰椎ぃ!?
こ、こ、こわいーーーー
無事復活できてよかったよー、ほんとだよー、はぁぁぁ・・・・
でも、あのお山を空から見てみたいと、わたしも思います。
20日、歩くのは地表ですけど、よろしくです♪

坊さんはなんでも知っているおかしな御仁です・・
Commented by しょーじ at 2009-09-16 12:49 x
完全に出遅れてしまった・・・。
なんか見慣れた写真と思ったら、関西の写真でしたか~。
土曜から日曜にかけて、難波で朝まで呑んだのですが、
そんな赤いバスが走っているんですね、知りませんでした。
Commented by at 2009-09-17 16:48 x
ハクママ様
初めまして・・・・って、遅すぎ(w)
飛行機は行きがかり上、最近ちょっとだけ本を読んでいます。見るのは昔から好きでしたが、いろいろ勉強すると面白い♪です。ただ、自分で飛ぶ勇気は未だありません(w)
Commented by noone-sei at 2009-09-18 00:28
しょーじさん、
執筆の追い込みかしらん?と思っていましたよん。
関西のお写真、まだしばらくつづきますよ。
昨年行ったときには、6月の旅を10月くらいまでだったかな、
「王様の千と線」上ではずっとお写真でひっぱりましたからねーー。
難波で呑まれたですか。しょーじさんは、大阪には公会堂だけでなく、
出没されていたのですね?
ずっと京都だけが守備範囲のおひとかと勝手に思い込んでおりました・・・
Commented by noone-sei at 2009-09-18 00:29
坊さん、
ちかぢか、ハクママとはお会いする予定だから、
よろしく言っておくよ~ chu
Commented by ハクママ at 2009-09-24 14:16 x
坊さま

たぶん、飛行機が飛ぶ原理を知っていると、
自分が飛んだときももっと面白いし、うまく飛べるのだと
思います、ぜひ、パラに挑戦してください!
たぶん、坊さんみたいな方は墜落しません。
思いっきり遅まきながらお返事です。
(いつも飛んでいるお山で、犬と遊びまくっていたので)
Commented by noone-sei at 2009-09-26 00:53
ハクママ、
ちかぢか、坊さんの女子大生向け講演(ホント)でお会いする予定だから、
飛べ、と言っておきます~ chu
名前
URL
削除用パスワード


<< 30夜 ときおりの休息 弐  白い月 25夜 ときおりの休息 弐  ... >>