25夜 ときおりの休息 弐  あこがれの


「あこがれのハワイ航路」という懐かしの歌があるじゃないか?
わたしは歌える。
そんな機会はめったにないんだが、歌うと皆ひっくりかえる。
そんな歌を知っていることそれ自体に、驚かれる。

もとよりわたしのおはなしは、生まれ育ったちいさな山あいの歳時記なのだけれど、
語ると同世代にさえいつの時代の話だと驚かれる。
住む場所がすこし離れているだけで、こうもお伽噺に聞こえるものかと。
ただ、もしもこの地にあり続けて今があったなら、
きっとおはなしを書くことはなかったと思う。

山の中で育ったわたしは、自分の居る場所を見ない、興味を持たない子供だった。
山の名も草花の名も、それらの美しい時期も、ただ目からこぼれていた。
見ようとしなければ目には入らない。
歳時はわたしとは関係のないところで綿々と続いていた。
それら身の回りのことが、ようやく目に留まるようになったのは、
いちどふるさとを離れてふたたび戻ってからのこと。

盆暮れや法事には、都会から帰省した伯父たちが、懐かしそうに昔語りをする。
そういうとき、すこし悲しくてうざったいような、妙な気分になるのが常で、
できるだけ居合わせないようにしたものだった。
親に財があれば、長男に家屋敷田畑(でんぱた)を継がせるほかに、
農業に従事しなくとも次男以下にも土地を与えて近くに住まわせることができる。
けれど、分けるものがなければ、都会へ出て働くしかない。
都会というものが、出たくて出るあこがれの場所とは限らないことを
ちょっぴりちりちりと子供ごころにも感じ取って、それで一緒に居たくなかった。

あれからずいぶんと年月が過ぎた。
今でも伯父伯母そして母が、顔を合わせれば昔語りをする。
なおなおそれらには磨きがかかり、美しい話を聞かせてくれることがある。
「王様の千と線」は永遠の六十九歳が繰る記憶と嘯(うそぶ)いて、
このようなおはなしを書き続けていると、ちいさくてなにげない日常が、
いとおしく思えることがあるから不思議だ。




      ふるさとは遠きにありて   詩:室生犀星


   ふるさとは遠きにありて思ふもの

   そして悲しくうたふもの

   よしや

   うらぶれて異土の乞食(かたい)となるとても

   帰るところにあるまじや

   ひとり都のゆふぐれに

   ふるさとおもひ涙ぐむ

   そのこころもて

   遠きみやこにかへらばや

   遠きみやこにかへらばや



c0002408_2294945.jpg



                             * * *


ここからは、「あこがれの大阪航路」のおはなし。

王様とふたりで夜遊びに出かけると、串揚げ屋巡りをしていたことがある。
昨年の初夏に大阪で食したものの数々、ことに串かつをわたしが自慢したものだから、
それならこの地にも数軒ある店を食べ歩こうというわけだ。
けれど、どて焼きを食せる処はなく、王様のどて焼きへのあこがれはつのった。

王様は、鰐号がまだわに丸の頃それもほんとうに小さくて可愛かった頃に、
帰ると寝顔しか見られない日々を取り戻すように、
無理して一年に一度は二日休みを取って旅行に連れて行った。
けれど、わに丸が大きくなるにつれ、それもできなくなって久しい。
わに丸が憎たらしい鰐号になったころには、休みそのものがなかなか取れなくなっていた。

このたび、王様はぽっかりと平日に二日も休みが取れた。
こんな機会はめったにない。
あちこち旅の案を出し合ったのだけれど、
あこがれを現実にしよう、しかも会いたい人にも会おう、と決めたら、
東京からもその旅に参戦するという声もかかり、
それならばと、学生のようないきあたりばったりの愉快な旅にすることにした。
旅に付き合ってくれた友人たちに心から感謝している。


では、王様のあこがれ、食のあれこれを。
■串かつ
c0002408_222338.jpg
どて焼き。甘い味噌がからんだ牛すじ。


c0002408_242316.jpg
串かつ。玉ねぎ、タコ、イカ、しし唐、豚肉 ・・忘れるくらいいろいろ。


c0002408_26810.jpg
貝柱、エビ ・・わたしはエビ好きなので。くすくす


c0002408_291898.jpg
たまご、まるまる一個。


c0002408_210586.jpg
ジャンジャン横丁のてんぐという店には、昨年行きそびれてしまったので、
わたしはずっと行きたいと思っていた。
以前、東京からの友人に先を越された時にはどすんばたんと悔しかったのだった。
このあとの喜びの小躍りは写真がないのでお見せしない。
[PR]
by noone-sei | 2009-08-31 00:00 | ときおりの休息 弐(8) | Comments(6)
Commented by しょーじ at 2009-08-31 08:27 x
ようこそ~大阪珍道中(?)は楽しまれましたでしょうか。
くいだおれの街ですから、帰りはちょっと体重が増えたのでは?(笑)
Commented by noone-sei at 2009-08-31 13:00
しょーじさん、
ただいまです~。とても楽しく愉しく過ごしましたよ~
今回は生活の場としての大阪ではなく、
観光客から見える大阪の旅をしました。
つまり、、、通天閣から周囲を見渡しましたよん。
公会堂、すぐ横をバスで通りましたので、ほほぅ、しょーじさんはこの入り口から
このかっこいい建物に入るのだな?と身近に感じました。
体重は、もとがちょっとぐらい増えてもわかんないくらいの体重ですから、ほほほ
Commented by rakachibe at 2009-08-31 17:36
こんにちは!
どもどもお世話になりました。
エビ美味しかったよね〜〜!
本当はもう一本頼みたかったところだったんだけど、
あまりの贅沢品(高級品)らしく、気が引けました(笑)

いやぁ楽しかった。
今度はF島だな。
Commented by noone-sei at 2009-09-01 21:20
ツレさん、
こちらこそ連帯感で結ばれた(?)愉しい旅をありがとうでした♪
エビ、二本一組だもんね、すごいよね、値段は知りません(笑)

じつはゆうべ、坊さんがうちに来たので、よーく自慢しときました。
タタミイワシもおすそわけに押し付けときましたので、
ツレさんご一家の計画は一手に引き受けるものと思われます。
Commented by ひす at 2009-09-02 13:11 x
こんにちは~!
本当に用うこそおいでくださいました!(*^人^*)
夢のように楽しいいちやでしたよ♪
王様にも念願のドテ焼きをお召し上がりいただけて一安心♪
これを機に、毎年夏の定例集会になると嬉しいな~♪

時間って本当に流れる速さが違いますね。
そしてその密度も♪
今回もそう痛感しました。

>ふるさと
ほかにも、離れてみて初めてその価値に気づくものって多いですよね。
Commented by noone-sei at 2009-09-03 22:42
ひすさん、
昨年と今年でしたから、七夕集会でしたね~、まるで。
王様のどて焼きの感想は、「初めての味!」だったそうです。
「いいよね~、大阪の人は毎日あぁいうの食べられるんだもんね」
・・・それはちょとちがうと思うんだけど。あはは
繁華街を歩き回ったせいもあるのかもですけど、「なんと食い物屋が多いんだ!」
とも言ってました。
これを機に、王様ともよろしくおつきあいください。
ぜんぜんネットの人ではないんですけど。

>ふるさと
離れてみて価値に気づくことあり、からめとられるような怖さを感じることもあり・・
あぁやはり遠くから恋うる場所なのだと再認識する人もいることでしょう、きっと。犀星のように。
名前
URL
削除用パスワード


<< 26夜 ときおりの休息 弐  ... 24夜 東京散歩 参 >>