86夜 蛇も目覚める頃


今日は春分の日。
もしかしたら、蛇も目を覚ましているかもしれない。

こわいこわいと東京案内を書いたら、蛇を飼っている漢方薬屋の話を聞いた。
これもありそうで怖い。
小さい頃、父がきのこ狩りに行くと、きのこに蝮(まむし)も付いてくるのが怖かった。

春なのに秋のおはなし。

父はきのこ狩りに行く時には手拭いを一本、首に下げてゆく。
汗拭きにはもちろんだし、怪我したときにももちろんなのだが、蝮に出くわした時に、
生け捕りにするために必要なのだ。
 蝮は香りの良いきのこを好む。
食するわけではなく、芳香を放つきのこの根元にうっとりととぐろを巻いている。うたたねするように。
ほかの蛇なら臆病だからすっといなくなるのだが、蝮は毒を持っているからかかってくる。
高く人めがけて一直線に飛び上がる蝮の、牙のある口に手拭いを首から取って噛ませる。
一度噛んで毒を使ってしまうと、次の毒はすぐには使えない。
だからわざと手拭いを噛ませてから掴むのだ。

歯のあるものの口は赤い。
蝮だけではない。川面をすれすれに飛ぶ虫を狙う岩魚の口も、威嚇するときの猫の口も赤い。
口を開けたその中に、真っ赤な色が見えるのは怖い。

採ってきたきのこを置くと、父はだらんとした蝮を「ほれ」と見せ、当たり前のように首を掴んで皮を剥(む)く。
わたしは足がすくんで動けない。
剥くところは覚えているのだが、そのあとどうしたのかは覚えていない。

ずいぶん大きくなってから、父に訊ねたことがあった。

 「あれ、焼酎に入れたの?」

 「いや。おまえに食わせたんだぞ。」

 「う、うそっ!覚えがないっ!」

 「焼いてほぐして、元気な体になるように、飯と餌に少しずつ混ぜて、おまえと年とった犬に食わせた。」

蝮飯と蝮餌、、、。
わたしとあの十八年生きた婆犬は、乳兄弟ならぬ、まむしの兄弟だったのか、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-03-21 01:23 | 百夜話 父のお話(19) | Comments(8)
Commented by at 2005-03-21 10:51 x
山奥で仕事をしていた時のこと。
休み時間に、一緒に仕事をしていた地元の人の姿が見えない。
休み時間が終わって、彼は両手に何か下げて戻ってきた。

曰く「右手でつかんだら、もう一匹見つけたので、
素早く左手にもちかえて、また右手でつかんだんだ。
両手がふさがっちまったから、なんとかしてくれ!」

その二匹の蝮にたいして、私に何ができるというのだ(笑)
Commented by hal' dad at 2005-03-21 11:02 x
お財布無事で良かったね。

汲めども尽きぬ話題の宝庫 父・・・そう言えば父には別名がない。
「蝮の兄弟」なにか意味があったように思うんだけど思い出せません。若山富三郎・勝新太郎のことか?

レイア姫はお山か?
Commented by NOONE-sei at 2005-03-21 17:04
坊さん、
それはコワイよ、コワすぎ。
10メートルを3歩で後ずさりします。
結構な経験を積んでおられますなぁ。
・・・で、喰った?
Commented by NOONE-sei at 2005-03-22 00:48
dadさん、
父・・別名じいじ、またの名を実は「ちょろ」(ち、に力いっぱいアクセントで発音)
記事上ではひかえておりますが。想像つくでせう?
 まむしの兄弟は菅原文太兄貴と川地民夫舎弟コンビの人気シリーズで、
「まむしの兄弟 あわせて30犯」というタイトルからして笑えるですよ。
傷だらけの天使のキャラクターも影響受けていたりして。
若山・勝新というのもいいかも、濃いねーー。

レイア姫はお財布持ってお山でっせー。(持ったと思うけど、持ってったのは
ソリだけだったりして)
Commented by pinon-pinon at 2005-03-22 15:20
南の国の夜。ちっぽけな椅子を鋪道に並べたちっぽけな茶屋でぼんやりしていたら、となりの2階だての建物に、およそその界隈には似つかわしくない黒塗りの高級車がすーっと止まっては、立派な身なりの紳士たちがそそくさと中に消えてゆく…妓楼か!?と思ったら、裏口から出てきたラッパずぼんの親爺が名刺をくれました。ヘビを食わす店。親爺もヘビ顔。笛の音で踊るのもびっくりですがキノコにうっとりとはこれまたびっくり。お酒好きもほんとなのかしら。
Commented by NOONE-sei at 2005-03-22 22:25
ああ、なんていいはなしなんだろう。
こんなにいいはなしをぴにょん・ぴにょんさんたら
セイ・ブログのコメントに与えてしまって、もったいないです。
ご自分のブログに旅行のエピソードとして載せてもいいくらいのよさです。
じゃ、お礼に怖い話を。
蝮を捕って、生きたまま焼酎の一升瓶に入れておくと、何年か寝かせて
いいころあいに飲むときには気をつけなきゃいけない。眼を覚まして瓶から
出てくることがあるんだとか・・・・。(見たことないのですけどね)
Commented by pinon-pinon at 2005-03-25 19:36
みの字が動きだしそうです…
「覚えとけよ」と捨て台詞するこわーい蛇の話が漱石センセにありましたが、一升瓶から這い出す蝮の捨て台詞は
「いい湯じゃったの、おおきに」、哉
Commented by NOONE-sei at 2005-03-26 00:37
みの字をたぐってみをむすぶ、、なんてね。(ないか、そんなことば)
そっか、長湯した蝮はじいさまになったのですね。
うふふ、、ぴにょん・ぴにょんさんとの掛け合いは面白い!
名前
URL
削除用パスワード


<< 87夜 ナショナルトレジャー ... 85夜 てなもんや三度目か。 >>