16夜 けものすぎる


c0002408_315383.jpg


過ぎたるは及ばざるが如しというじゃないか?
でもわたしは、すぎるという言葉はちょっと好きだ。

ときどき訪ねる家があって、その家の子はちいさい時に、
わたしが遊びに行くと「いつ帰るの?」といつも聞いた。
行ったそうそう帰るのとは失礼な話でごめんなさいと、その子の母は詫びたけれども、
わたしはその子がさみしさの心の準備をしていると知っていた。
だから、上がって行くよと言うと、その子は「やったすぎる!」と言って喜んだ。

友人の休みの日に、温泉の風呂に誘った。
自前の洗顔石鹸を持参した彼女に、わたしはめったに化粧をしないから、
眠さに負けて布団に入るときには化粧を落とすのを忘れると言ったら、
「セイさん、それは獣よ!」と叱られた。
それからしばらく過ぎて、美顔講習会というものに誘ってもらったので、
教わったとおりまずクレンジングクリームで顔をぬりぬりしながら、
叱られたから眠くても我慢して台所の流しで台所洗剤をよく薄めて顔を洗った話をしたら、
友人も講習会の講師もひっくりかえって、
「セイさん、それは獣すぎる!」と言った。

文法的に、すぎるの使い方が可笑しくて印象的で、それらのおかしな言い回しがちょっといいなと思う。
いい話と呆れる話、その内容はともあれ。


c0002408_3433639.jpg
手作りの食事を自宅でふるまう、おうちカフェが増えた。
こういう食事をすると綺麗すぎるお顔になれるかしらん?
[PR]
by NOONE-sei | 2009-05-31 03:45 | Comments(12)
Commented by しょーじ at 2009-05-31 18:11 x
色鮮やかで、おいしそうな料理ですね~。

ところで!
それしきのことで、「獣すぎる」だなんて・・・。
わたくしなんて一ヶ月もお風呂・シャワーなしで過ごしたことありますよ。
(あ、これはきっと笑ってもらえないでしょうね・・・苦笑)
Commented by NOONE-sei at 2009-06-01 01:15
しょーじさん、
古代米のご飯に、切干大根と昆布のお漬物、お肉っ気は鶏ひき肉の蒸し物。
健康になってしまう(笑)食事ですよねーー、こういうのを食べさせる処、
こちらではあちこちにできました。
わたしは食い意地が張っているので、こういうものでなくとも
これからはどしどし食べ物のお写真を載せようかなんて・・・。
以前の拙ウェブログは、食べ物ブログじゃないから、、、と
できるだけ食べ物を載せない方向だったんですけど、
こんなに食い意地が張ってるんだから我慢するの止そうか、、と。

ところでしょーじさんは、天狗の修行でもなすってたんですか?? ぷぷぷ
Commented by ひす at 2009-06-01 12:55 x
なるほどね~。
自分が普段使わない言葉の使い方をされると、
その部分だけが太文字のように頭に残りますよね。
それが感情を表すものであればなおさら。
「やったすぎる!」
確かにへんな言い回しですが、ものすごく喜んでいる幹事は最高に伝わります。
こういうのをみると、言葉は生き物でどんどん変わっていくのだなと実感できますね。
(いい、悪い、はここでは判断できない)

最近特にそういう使い方が多いように思います。
上手くいえないけれど、
ことばを、文字で理解させるのではなく、絵的な印象で瞬時にイメージさせるような。

あ、マンガの効果音なんかもそうかな?

こういうことって普段意識して考えないから、
しばらく考えると面白そうだ♪

セイさんのおうちカフェでお食事を楽しみながら、
あ~だ、こ~だとお話したすぎる!
Commented by ハクママ at 2009-06-02 05:20 x
台所洗剤にはぶっとんだけど(笑)、確かに「〜すぎる」って面白いね。
ちょっと意味合いは違うかもしれないけど、
「〜すぎる」といわれることをやっちゃうところが、その人の個性だったり、強い衝動の現れだったり。
いつもいつも「いい塩梅」とか、「常識内」で暮らしていれば、
波風も立たず、びっくりして目をむかれることもないんだろうけれど、
つい「〜すぎる」ことをやってしまう人のほうに、私は惹かれるな〜。
仲間には「○○すぎ人間」が割合多くて楽しいです。

Commented by NOONE-sei at 2009-06-03 23:16
セイです。
ただいま初ぎっくり腰です。
ゆっくりなら歩けるので、寝たきりではありませんが、
ワードはキツイので、治ったらゆっくりお返事するね~~~~
Commented by ひす at 2009-06-04 13:51 x
あらっま!
それは大変!
おだいじに。

実は昨晩我が家でも・・
「助けて~!」
階段からかよちゃんの声。
みると変な格好で固まってました。

本人は頑として認めておりませんが、
あれもぎっくり腰だと思います。
(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2009-06-08 02:24
ひすさん、
ご心配ありがとうでした♪
PCをちょこちょこっと見たりメールしたりはできるようになってたんですが、
やっぱりほら、いただいたコメントには丁寧にお返事したかったのでいまごろに・・
ちゃんとPCの前に座れるようになりましたよ。
コルセットしてます、レディが素敵な舞踏会にでも行くみたいでそ? ほほほ
それはそうと、かよちゃんたら、かよちゃんたらもう。 大丈夫なんですか?
近かったら、うちのごはんを届けに行くのに。
シャンツァイたっぷりの餃子。(ちっとも和食ぢゃないけど)

さて本題
>自分が普段使わない言葉の使い方をされると、
>その部分だけが太文字のように頭に残りますよね。
それ、とてもいい例えです、わかりやすい~。
大文字がぴかっと光って映像的だ~。
ひすさんのアンテナは、触覚ですか?
Commented by NOONE-sei at 2009-06-08 02:31
ハクママ、お返事すっかりいまごろでごめんなさい、ぺこり。
誓って言うけど、もう台所洗剤では洗ってない、洗ってないよーー。
心を入れ替えましたから。 ・・って、あんまりいうと嘘くさい?

ハクママの周囲には、心が自由で、表現が自由な人々が集うのではないかな。
ハクママが眉をひそめたりしないで面白がってくれるから、
だからありのまま「~すぎる」でいられるんではないかな。
だって、私自身、ハクママの前では結構おしゃべりさんになっていられるもの。
Commented by ハクママ at 2009-06-08 07:17 x
わ、セイさん、ぎっくり腰ってさ、癖になるから気をつけてね。
私も、10年くらい前、コーヒーメーカーに手を伸ばそうとして初ぎっくり腰体験。
1週間、床をころがって用を足してました。
そのあとも2週間くらい腰が伸びず、顔を洗うのも大変でした。
くしゃみとか、洗面とか、いろんなことに要注意ですよん。
くしゃみは息を抜きながら、ふぇぇ〜くっしお〜〜んと長くやること。
洗面は中腰姿勢で膝を洗面台で支えながら洗うといいみたい。
ぎっくり腰って、重いものを持ち上げようとするときやるものだと
思っていたけど、どうもそうじゃないみたいだから、
悪くしないように、癖をつけないように、気をつけて。
私は10年前の1回だけですんでいます。
「ぎっくり腰」っていう、なにかのほほんとした響きとは正反対に、
ほんと辛いのよね〜〜〜
Commented by NOONE-sei at 2009-06-09 01:06
ハクママ、ありがたう♪
裁縫箱を持ち上げたらなっちまいましたの。
ハクママのはひどいなぁ、それ、歩けなかったってことよね?
わたし、なまじ歩けるものだから無茶してたよ・・ というか、う~~ん・・
今頃になって、鈍痛に悩まされています。

そのあとも数日は立っていても腰砕けっていうの?腰がぐづぐづ・・・ってバランスを崩す感じ。
一体これはなんだ!?体になにが起きてるんだ?って信じられませんでした。
だからね、無茶したというか、信じたくないからいつもどおりに振舞おうとしたというか。
きっとその反動で今頃キツイんだな・・

気をつけます。
いろいろ具体的に教えてくれてありがとね。
あーー、それにしてもあんなことでなるものなのねーーーー、ショックだーー。
Commented by ハクママ at 2009-06-15 08:02 x
何度も登場、ごめんね。
新聞のコラムで、こんな和歌を見つけたものだから。

死にゆくとなほ汝が鼻頭ぬれていて
わが近づくる手をおのづから嗅ぐ
            河野愛子

河野愛子は戦後の代表的女流歌人で、
その歌集には愛犬への切々たる挽歌一連がある、
と解説されていました。
Commented by NOONE-sei at 2009-06-18 02:00
ハクママ、
その映像がくっきりと浮かびます。
汝(なんじ)というのが、それまでの作者と犬との関係を一言で物語っています。

でもねぇ、幾度も生きとし生けるものとの別れを目の当たりにすると、
自分は書かずにおれない、人のは読まずにすましたい、と
思うようになるですよ・・
書かずにおれない、というところが、業とでもいうものかしらねぇ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 17夜 ふんだりけったり 14夜 献身 >>