10夜 鳥啼く人泣く


花々が、気が狂ったように咲いたからだろうか。
この春はウグイスの声が美しかった。
近くに啼き方を教えてくれる先住鳥がいないと、
新米鳥はなかなか美しい啼き方を覚えないと聞いたが、
きっとここいらに面倒見がいい鳥がいるんだろう。
鳥の声は音楽なんだろうか信号なんだろうか。

別れの季節、春。
周囲で、ひとりになったり家族が離れたりする話を聞く。
わが家もこの春から、鰐号がアパート暮らしだ。

夜が来ると泣いている友人がいる。
子どもたちが一度に地元を離れたために、急に一軒家に一人になってしまった。
独身の一人のさみしさを知っていても、家族の味わいを知ってからの一人はつらい、と。
わたしも、鰐号がひとり暮らしを始めたその翌朝は気持ちが沈んだ。
なにか音楽を聴こうとコンピレーションアルバムをかけたら、
そのうちに「Your Song」(エルトン・ジョン)が流れて、
気持ちが動き出しそうな旋律が耳に残るので素早く切ってしまった。
琴線を鈍くたわませていなくちゃいけないのに、音楽に直接働きかけられてはたまらない。
直(じか)に向き合わずにほどよく気をそらしてくれる、そして時には弾みをつけてくれる、
その朝はそんな音楽が必要だった。

優しくなる音楽が欲しいと言った知人がいる。
家族が離れてしばらくになり、以来、悲哀のある音楽を聴き続けている。
割合軽やかさもある素朴な女性ボーカルをいくつか選んで進呈した。
喜んでくれて、ではお返しに、と先方からも音楽が送られてきた。
アルゼンチンタンゴ、スパニッシュギター、インディオの歌、等、、
それらは哀愁に満ち満ちて心のひだとやらに沁みるどころではない、
奥の奥の生理を素手で掴んで涙の製造元に働きかけ、
泣いてしまえ獣になって啼いてしまえという旋律で参った。
まるで音楽がそう操作するように気持ちの安定レベルを下げるのにも参るが、
なにが参るって、知人の泣く声が直に脳に伝達されるようで参る。
共に落ちてゆくような音楽もあるのだな。

音楽には、共振し合う愉しみというのがある。
恣意的に音楽に劇的要素を求め、同化しようと試みる聴き方もあろうし、
いつかの懐かしい場面を重ね合わせ、心地よく記憶野が刺激される聴き方もあろうし、
没頭して聴き込んで、己の鏡とする聴き方もあろう。
聴く側の態度というか志向性というか、言ってしまえば嗜好、癖のようなものがある。
志向性という意味では、わたしにとって音楽は背景音で、
いつも音楽を途切れさすことがないかわりに、ほとんど身を入れて聴いてもいない。
なくてはならないものなのだが、耳に留(とど)まって脳に障(さわ)っては困る。

音楽とは恐ろしいものだな。
鳥啼き人の目に涙とはいうけれど、
鳥の声とはちがって、その快(こころよ)さに魂まで開(あ)けてしまおうとは思わない。
だって、そこからなにが出てくるのか想像もつかなくて、恐ろしいじゃないか。



追って: ほんとうは・・
行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 (松尾芭蕉)
    春が過ぎ去るのを 鳥は啼き、魚は目に涙をうるませて惜しんでいるように、
    旅立つ自分のために門弟たちは別れを惜しんでくれている。


                                  * *

今夜のお写真は、まだ盛りだった時の桜のお写真。
c0002408_1245351.jpg
山の中腹にある寺のしだれ桜。


c0002408_125378.jpg
c0002408_1251363.jpg
c0002408_1252317.jpg
桜の花が、写真に撮るのは一等むずかしいと聞く。
接写と望遠を使う撮り方を覚えたので載せてみる。


c0002408_1254741.jpg
c0002408_1255951.jpg
c0002408_126129.jpg
寺の裏庭にて。上から順に、カタクリに雑(ま)じって珍しい白のカタクリ。
カタクリと一輪草。
カタクリとふきのとう。


c0002408_1262599.jpg
寺の境内では、参詣した人々のために休憩の椅子や卓が設けられ、こんなもてなしを受ける。
檀家の婦人会のおばあちゃんたち手製の、自慢の茶受け。初物の葉わさび漬けも馳走になった。
おばあちゃんたちの、揃いの白い割烹着がまぶしい。



c0002408_1264881.jpg
お城山のソメイヨシノを観に山道を登る。


c0002408_127162.jpg
ご褒美は茶店で求めただんごと豚汁。
春の汁物はじゃがいもだから、芋煮ではなく豚汁。





素早く切ったのはこんな曲 僕の歌は君の歌Your Song/Elton John
昨年の暮れにはげまされたのはこんなアルバム Sunshine State/Sunshine State  試聴ができる





本日、シワ コ は11歳になりました

c0002408_1311229.jpg
きのうはいい天気で、うしろの山もくっきり。


c0002408_1312384.jpg
うしろの山は吾妻山。富士山のお嫁さんと言われるほどの姿の良さ。
山の右下に溶け残っている雪が、まるでしっぽのあるウサギが耳を上げて山に向かって
ぴょんと飛ぶように見えないかな?


c0002408_1314437.jpg
桃の畑は今が真っ盛り。


c0002408_1315758.jpg
毎年、山と桃の花と菜の花がいっぺんに見られて気持ちがいい。
シワ コ も風に吹かれて気持ちがいい。



おまけ
c0002408_1321363.jpg
ここだけの話、予想に反して、どうやらペロ コ は父犬に似ている模様、うぅーーん・・
父犬って、気持ちがいろんな意味で、太いらしい。
[PR]
by NOONE-sei | 2009-04-18 02:13


<< 11夜 上等なもの高級なもの 9夜 すこし前の春 >>