7夜 ちかごろの春


春彼岸は墓参り。
本家で、ぼたもちと、青菜とふきのとうを和えたおひたしと、
これは必ず作る、切り昆布と車麩の煮物を馳走になった。
毎年季節に食するもの、慣わしに食するもの、変わらずに墓前に供えるもの。

毎年変わらず替えることというのがある。
季節に合わせて装いを替えること。春には春の装い。
ちかごろ雪が降って、春だと思っていた体が驚いて、体感温度が低くて寒い。
それでも、素材は厚物でも色は春物。
このように、着る物の素材や色に思いをめぐらし、
着る物に季節と相談をすることを美しいと思う。
食生活も同じように、野菜も白いものから青みのあるものへと替えてゆく。
白菜や大根から、かぶれ菜や野の物へ。

ところでまだ春は名のみの風の寒さ。
母とほとんど毎日、昼の陽のある時間に犬を伴って散歩をしている。
ひとりで犬を連れていたときには、よく休耕田でノビルを採ったり小川でセリを摘んだりした。
犬はわたしの道草をのんびり待っていてくれた。
ふきのとうやつくしもそのようにして食卓に上ったのだったが、今年は野の物が摘みにくい。
母は父としていた散歩をわたしとするので、道草を食わない。
それに加えて子犬は待たない。

先日、紅梅の赤と連翹の黄に、白い山からこぼれた雪がちらついて、
それでも風をよけながら歩いていたらふきのとうをみつけた。
ちかごろとんと見かけていなくてとても食べたかったので、
母に子犬を任せて休耕田に入り摘んでいたら、子犬は待っていなかったらしい。

・・子犬はぱくんと食うんだという。
しかも、ふきのとうを選んで。



                    * *


ここでちかごろの野のお写真を載せたいところなのだけれど、
まだゆとりがない日々なので、食べ物のお写真を載せて冬から春を感じてもらおう。

c0002408_2295082.jpg
友人のところで馳走になったキクイモの漬物。


c0002408_230115.jpg
宮城松島の浜で焼いた牡蠣、働く手が美しい。


c0002408_2301141.jpg
焼きホタテ。



c0002408_2302146.jpg
                                                        photo by bow
父を偲ぶ食事会での前菜。このときはまだ二月初旬だったのに、ホテルが春らしい献立にしてくれた。
[PR]
by NOONE-sei | 2009-03-29 02:46 | Comments(10)
Commented by しょーじ at 2009-03-29 11:50 x
3月ももう終わりなのに、まだちと肌寒いですが、
そちらはまだ雪が舞うんですね・・・(苦笑)

磯の匂いが漂ってくる写真です、牡蠣とホタテ。
ただ、キクイモの漬物は・・・食べたことないです。
お腹が減ってるので、食べ物の写真ばかりに引き寄せられました(笑)
Commented by NOONE-sei at 2009-03-29 21:31
しょーじさん、
こたつとストーブです。
桜なんか、まだまだ。
これから待ち遠しいのは桃の花です。

お昼の食事前に拙ウェブログに来てしまいましたね?わっはっは
わたしはねー、とても食い意地が張っており、食べ物のお写真には燃えるですよ。
一球入魂みたいな集中で撮りますからねー、ぷぷぷ
キクイモとかヤーコンとか、わたしも最近知った野菜(根菜か?)で、
農産品産直所で見かけるようになりました。
Commented by ひす at 2009-03-30 16:13 x
こんにちは。
そうですか、ちびわんはふきのとうがお好きですか。
あのこの目から見ても、ぴょこんと飛ぶ出ているのが面白いのでしょうね。

こちらは桜も咲いてきて、日差しはもう春のそれですが、
気温は相変わらず低いままで、カン狂っちゃいますよ。

海に行ってきはったんでっすか?
いいな~。
とてもよい香りがしてきそうです♪
Commented by NOONE-sei at 2009-04-01 00:38
ひすさん、
はい、今日の散歩ではっきりと確認しました。
ペロ コ めは、草の中からふきのとうをわざわざ選んで食っておりました。
ぐんぐん引っ張って、枯葉、地面に落ちている枝、小石をくわえに行きます。
4月をお散歩のしつけ強化月間にしなくちゃです。
今日の散歩で満開の梅を見ましたよ。

海、というか牡蠣、牡蠣、牡蠣!!
ひすさんちや連れさんちの牡蠣食べ放題、うらやましかったよ~~
実は二年越しの願いが叶って、牡蠣小屋に行くことができました。

ところで、ひすさん、風邪をきっちり治すべく、しっかり養生してくださいねーー
Commented by 連れ合い at 2009-04-01 14:50 x
こんにちは。
こっちもなんだか春になりきらないで今日も冷たい雨が降ったりやんだりです。
ふきのとうを選んで食するとは。なんとも通なワンですねw

で、牡蠣小屋にいったんですね!!
ああぁ憧れの牡蠣小屋。。
ワタシも一度は行きたいです。
自分でベランダで焼いて食べるのとは一味も二味も違うと思われ。。
自分でやるとむいたり焼いたりで結構忙しいんですよW
とか言いながら実は2月にまたまた今シーズン最後の牡蠣パーティをやったのでありましたW
Commented by ろここ at 2009-04-01 23:21 x
こんばんは~。
いいなぁ、牡蠣小屋。。
今年はイイ季節に忙しかったり体調壊したりで行けずじまいです。
残念無念。
なんてゆーか、牡蠣小屋で食べると脳が麻痺してひたすら食べちゃうんですよね~
ただただひたすら牡蠣牡蠣牡蠣!
それがいいんですよね~。

あぁ、行きたい。。。。。
Commented by NOONE-sei at 2009-04-02 00:54
連れ合いさん、
こちらも今夜は雨です~ 寒いのでストーブとこたつのダブルです、っていつもですけど。

牡蠣小屋!いやぁ、素敵すぎです。
わたしが行ったのはシャベルで牡蠣を鉄板にざくざく載せる所じゃなくて、
炭火で網焼きする所のほうでした。
見ていられないからかな、結局小屋の人が焼いて剥いてくれるから、食べるだけーー。
そして飲む。わははは
松島海岸は、ゴールデンウィークまで牡蠣小屋やってるそうですよー。
来れば??? ・・なんてね~~
そちらでは、どこが一番近くの牡蠣小屋なんでしょねー。
Commented by NOONE-sei at 2009-04-02 01:04
ろここさん、
わたしが初めて牡蠣小屋なるものの存在を知ったのは、
なにを隠そう、胃ぶろぐででしたよ。何年前でしょうねーー。
あれからずっと気になっていて、三陸海岸の南、松島にもあることを知ったのが
二年くらい前でした。
と、いうわけで、牡蠣小屋を夢見るきっかけを作ったのはろここちゃんちなのでしたー。

そちらではまだやってるとこ、穴場スポットないですか?
大きい所はもう閉じてるんだけど、わたしが行ったところはまだ、
↑ 連れさんにも書いたとおり

牡蠣牡蠣牡蠣、ぷっくりしててクリーミー、あぁぁぁ、また行きたい・・・
Commented by yamagoya333 at 2009-04-12 20:45
ご無沙汰しております。
春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」と、そちらでは使い分けるのでしょうね。
こちらは、春も秋も、「おはぎ」です。
母親が、近くのばあさんたちと、「ふれあい市」をやって、出店をしていたときは、遠くは山口から、母親のおはぎを求めにきてくれた方がありました。
そう言えば、しばらく母親の「おはぎ」を食べていないなぁ~っ!
で、何かぁ?!
Commented by NOONE-sei at 2009-04-14 01:35
さくらさん、
見ぃつけた。こんなところにおられたのですね?
こちらもやっとすっかり春ですよー、そちらはすでに初夏の香りでしょうか?
お母上の手作りのお漬物、美味しかったと記憶しています。
おはぎも作っておられたですか。

わたしの母は料理の苦手なひとなので、食する時期には決まった店に
買いに行かされます。
どこのでなくちゃ美味しくない、ということって、きっとあるのでしょうね。
わたしはつぶあんが苦手なのでおはぎ好きじゃないのですけど・・
さくらさんは、召し上がってくださいよ、お母上のおはぎ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 8夜 本日の春 6夜 お大尽 >>