5夜 幼年期の終わり


好きな邦画で、『ジュブナイル』というのがある。
少年達と未知のロボットとの、ひと夏の出会いを描いたSFファンタジー。
少年期にしか味わえないような出会いと別れが甘酸っぱかった。
その時の子役はすっかり青年になって、ときどき映像で見かけるとやっぱり甘酸っぱい気持ちになる。
少年期、ジュブナイル(juvenile)という言葉のひびきがなんだか甘くていいので、
幼年期はどうだと思って調べたらただのChildhood、なんだつまらない。

本や服や絵の道具などなど、身辺にあるものを整理している。
身辺整理とはよい言葉。もうすこしだけ簡素な暮らしがしたくなった。
好きなものに囲まれて暮らしたいけれど、好きで集めたものに埋(うず)もれたいわけじゃない。
サブカルチュアもキャンプ(スーザン・ソンタグ)も、その概念はよくわからないけれど、
ソンタグの言葉の一部を借りながら言えば、不自然なものを好み、部外者には近寄りにくく、
少数者の趣味の世界のものが増えてしまった。
結果的にそうなっただけだが、たとえば趣味の本を書庫にしまっておいても、もう一度開くことはまずない。

自分にとって、ほんとうにこれからも友であり続けるかどうか、そう思えないものは整理する。
と同時に、少年期というのか少女期に読むべきだったものも読み始めている。
物語を読んで幼年期を過ごしたわたしは、少年期に偏ったものを読み、青年期からは本を読まなくなった。
けれど、本も漫画も、活字という点では等価値で、そういう意味ではわたしは今も活字が大好きだ。
最近、ダンボール箱ひとつ、スタンダードな本を贈ってくれた方がいて、
理由は聞いていないけれども彼も本の整理をしているという。
その本のすべてを読むことは無理だから、王様に手伝ってもらおうと思っている。

鰐号がひとり暮らしをすることになった。
将来、この家にふたたび暮らす日があるのかそうでないのか、先のことはわからない。
わたしの本をほとんど読まなかった息子に、わけのわからない趣味のものを残すわけにはいかないだろう?
身軽になるにはいい機会、少年期を新たになぞり直しながらの身辺整理。
鰐号はいよいよ幼年期の終わり。



c0002408_136786.jpg
これは初めに訳されたもの。
わたしが読んだのは最新訳の『幼年期の終わり』 (池田真紀子訳 光文社古典新訳文庫)
1953年初版から36年後に、新たに第一章が書き直された新版。
読んだら、今読んでいる『エデン』『緑の王』にも影響を感じる情景描写があり、
以前なら『銃夢』『天空の城ラピュタ』にもあるように感じ、たどればまだまだある。漫画だけど。
もっと以前なら小説『家畜人ヤプー』にも影響があったと聞く。
昨年のいまごろ、アーサー・C・クラークは亡くなった。


c0002408_1363048.jpg
上は『幸福の王子』を下敷きにした透明な読後感の小説。さわさわと悲しい。
下はこれこそ少年期に読むべきだったもの。
これまで幾度も途中で挫折してきたが、今度は終わりまで読み終えられるだろうか。
これを読んだら、少年期の終わりと言える?
[PR]
by NOONE-sei | 2009-03-16 03:24 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(8)
Commented by しょーじ at 2009-03-16 12:28 x
外国の小説とかは、翻訳の文章によって読みにくい場合もありますから、私もけっこう挫折してます。その点、光文社古典新訳文庫の訳は読みやすくて、つい買ってしまいますが、そうでしたか、『幼年期の終わり』も出てるんですね。ところで、女性は「少年期」ではなく「少女期」ではないのでしょうか?(笑)
Commented by mica at 2009-03-16 18:36 x
あぁ。。クラークが亡くなって1年ですか。
フィリッパ・ピアスも、206年末に亡くなったし。

「トムは真夜中の庭で」は、タイムファンタジーの傑作だと思います。はい。
最後の「ハティ ハティ!」と叫ぶくだりで涙してしまふ。。。
それはもう、自分がオトナになっちゃったからなのだろうな。
Commented by NOONE-sei at 2009-03-17 00:21
しょーじさん、
『幼年期の終わり』、面白かったですよ。
福島正実でちょと挫折しそうになって新訳でなんとか読み終えました。
旧訳のほうが格調高いという人もいるようですけど。
読んでみて、やはりこれは少年期(笑)によんでおくべきものだったかも・・
と思いました。
少女期はねーー、算数で習う「集合」的にいうと、少年期に含まれるものかなぁ、と
言われてみて考えたです。
とすると、成長後は、女性になるというよりも「人間」になるのかな。
ということは、幼年期・少年期・青年期は、人間未満!!きゃーー
Commented by NOONE-sei at 2009-03-17 00:35
micaさん、
micaさんは「トムは真夜中の庭で」、お好きだったんですね。
そっかー、よかったのかー。じゃぁ、やっぱ読まなくちゃだなー。
おとなになる前に読んでおくべきものがあると思うのですよね。
そう頭ではわかっていても読まずにきてしまったものがたくさんあるような気が。
「本を読まない期」がすごーーく長かったから・・
ぼちぼち読書期、いこうかと思い始めたです♪

Commented by ひす at 2009-03-18 16:27 x
私は昔から小説よりも随筆が好きだったので、
北杜夫のマンボウシリーズばかりを読みふける子供でした。
とはいえ、小説も読んではいたのですが、
どうも思いを込めすぎる子供だったので、
1冊読むと、その世界観にはまり込みすぎ、
寝ても起きても、その世界にとらわれていました。
だから、読み進むほどに結末が楽しみであると同時に、
終わってしまう悲しみがそれ以上に大きくなってきてしまい。
毎回読み終えるたびに、大切な友人と別れるかのようなつらい思いも経験しました。
思えば、それがいやで、随筆を好んでいたのかもしれません。

私は同じ本を繰り返し読むほうなので、
いまでも、思い出しては手にとり、適当なページを繰ります。
懐かしさと同時に、ちょっとこっぱずかしい気もしますよ。

昔の自分と向き合うからでしょうか?

そういうわけで、身辺整理は永遠に無理な人間です。
(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2009-03-19 01:31
ひすさん、
どくとるマンボウでしたっけ?読んだような気が。
ひすさんって凝り性さんだから、トムソーヤーを読んだら
自分も冒険少年になる子だったかな?
世界観にはまり込むというのは素敵なことなんですけど、
それがないのもさみしいことなんですけど、
ひすさんにはつらいことでもあったのだなぁ。
でも、ひすさんの、本にかぎらずのガレージの世界は
独自なものですからそのままで行って欲しいかも。
いいです、身辺整理はわたしだけやるからひすさんはそのままでいておくれー、わはは
Commented by ムメイ at 2009-03-22 12:17 x
私も「トムは真夜中の庭で」が大好きです。
小さい頃図書館で借りて読み、大人になってから手元に置くために買いました。
でも結婚する時妹にあげてきてしまったなー、そういえば。
Commented by NOONE-sei at 2009-03-24 00:11
ムメイさん、
ぜんぜん関係ないのですけど、
「ムメイ」という貴女の片仮名のお名前、とってもいい。
前からいいと思っていましたが、今夜はことにそう思いました。

わたしね、「緑の指」とかも、大人になってから読んだのです。
鰐号がわに丸だった頃、子育てでいいことがあった、って思ったことのひとつに、
読まずに過ぎちゃった海外児童文学を読む機会ができたってことがあります。

むかし「トムは真夜中の庭で」を教えてくれた人が、当時、物知らずのわたしに
滝口修造もいっしょに読むように言ったんですけど、つながりあるんだろうか、
今でも不思議です。
名前
URL
削除用パスワード


<< 6夜 お大尽 4夜 ねこまた >>