数のない夜  死がふたりを別つまで


 ・メンタルな話なので引き寄せられる人は読まないほうがいい

前夜に書いた、『病める時も健やかなる時も』にはつづきがある。
・・『死がふたりを別(わか)つまで』

子犬が生後半年になって、先住犬のシワ コ とすこし折りが良くなってきた。
どちらが譲ることを覚えたのか、見て見ぬ振りを覚えたのか、
どちらもだと思いたいところだが、実際のところはシワ コ が力の抜き加減を覚え、
ペロ コ はシワ コ に慣れたんだろう。

相変わらず周囲には無頓着に無邪気なペロ コ に接するのは、ある意味気が楽だ。
シワ コ との十年は、切なかったり気づかったり、濃いものがあり、
傍らに寄り添っていても周囲に気を張り巡らせ野生を失わずに距離を置くシワ コ は、
いつもわたしと神経の糸が繋がっている。
一方ペロ コ は、シワ コ のように気配を読んでわたしの視線や行動を追わないので、
糸がまったく繋がらない。
たとえ乱暴に扱っても誤って踏んづけても、シワ コ に感じる切なさや憐憫を感じない。
わたしが指をさしたらシワ コ はその先にあるものを見るが、ペロ コ は指そのものを見る。
日本語がわからないので、ぼぉっとしている。

シワ コ は、王様に言わせるとわたしと一心同体なので、そばにいるのが当たり前だった。
けれどもペロ コ には、言葉にして言ってみた。
言ったところでわかりはしないんだが。
「一生、一緒にいようね。」
ペロ コ がどれくらい生きるかはわからないが、長く生きてほしいと思う。
わたしにとって、犬を飼うことは日常で、ペロ コ が最初の犬でも最後の犬でもないけれども、
ペロ コ にとってはここで生きるのが全てなのだと、いまさらのように気づいた。

シワ コ は従順でありながら気難しい犬だったから、母はすこし距離を置いて扱っていたが、
ペロ コ のことはかわいくてかわいくて、普通の犬にやっと会えたような気持ちになるらしい。
その天真爛漫さに、気持ちがほぐされるのだろう。
父を失って一年、記憶の中の父に恋をし続ける母に、笑いをもたらしてくれるのは子犬だ。


死がふたりを別つまで

まるでそこで終わりのような文言だけれども、父と母、ことに母にとっては、
病める時も健やかなる時も、死がふたりを別(わか)つまで  ・・ではなく、
病める時には揺れ惑い、やがて死がふたりを別ち、そうして初めて健やかに愛が訪れている、
そんなふうに見える。





仲よさそうに並んでみました
c0002408_311510.jpg


ちょとぼぉっとしてみました
c0002408_3351378.jpg

[PR]
by NOONE-sei | 2009-01-31 03:00 | 数のない夜(23) | Comments(10)
Commented by しょーじ at 2009-01-31 10:48 x
折り合いがよくなって、よかったですね。天真爛漫なのはまだ子犬だからなのか、それとも性格なのかは分かりませんけども、「わたしが指をさしたらシワ コ はその先にあるものを見るが、ペロ コ は指そのものを見る」というのは、実感させられる表現ですね。なるほど、ペロ コはイメージとしてはネコに似てます(苦笑)
Commented by ひす at 2009-01-31 14:19 x
指先の話、私もすごく良く分かります。
「一心同体」もすごく実感できます。
最近はもはや、相手が自分の一部であるかとすら思うときもあります。
自分がいつかどこかに置いてきた一部。
そこまで思い込んでも、その思いを負担に思わず受け止めてくれるから、
より一層そう思ってしまう。
あ~!ぽちぽちぽちぽちぽち!ヾ(≧∇≦)ノ彡☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すみません、取り乱しました。

シワ&ペロ何とか上手くいきそうで一安心♪
それぞれが、全くちがう考え方で同じ場所で暮らすんだから、
折り合いのつけ方も自然に身につけていったのでしょうね。
今後も可愛いツーショットを猛烈に希望します!

>死が二人を分かつまで
分かつのだろうか?
死は二人を分かつのだろうか?
それは気持の話だろうから、死がそれを分かつことはないように思います。
いや、わかつまで?
「まで」?
それまでの間?
むしろ、分かれた後にこそ、思いは強まるようなきがします。

それまでに気持が分かれていたら、死後も当然分かれたまま。

Commented by NOONE-sei at 2009-01-31 21:58
しょーじさん、
同じ犬でも、ちがうものだとお思いになったでしょう?
ペロ コ の天真爛漫にはね、太いものがあるですよ。
これ、人間だったら得な性格ですよー、
わたしはうらやましいですよー。
ネコだから、まぁ、許しますけどねっ。
Commented by NOONE-sei at 2009-01-31 22:57
ひすさん、
ひすさんにとっては、ぽちがそうなのね?
>その思いを負担に思わず受け止めてくれる・・
ぽち~、長生きせなあかんよーーー。
・・そんなに思われて、ぽちは幸せものだと思いますよ。
だってこれ以上ないほど精一杯の手をかけているものね。

>死が二人を分かつまで
うん、分かつなのか別つなのか、とても迷ったんですけどね、
物理的な別離とはちがうところに精神的な繋がりがなおなお深くなるのなら、
分かつではなく、敢えて別つだろうと思いまして。
それで「別つ」を選んでみたよ。
ひすさんの言うこと、よくわかるよ。
Commented by ブッピー at 2009-02-02 23:30 x
ぷぷぷっ(#^.^#)
ペロコちゃん、ホントにぼぉっとしてる♪
まだまだ小さな可愛いお手手ですね~
そして今日の写真のシワコさん。
さん。ではなく、ちゃん。と呼びたい可愛いお嬢さんってカンジ♪
Commented by NOONE-sei at 2009-02-06 01:15
ブッピーさ~ん、遅くなってごめんなさい。
ペロ コ はコイヌなのに体だけ大きくなったオオイヌですが、
仕草がまだ赤ん坊で、そのギャップに笑ってしまうこと多々ありです。
昨日はうちに来たお客さんの膝ににじにじよじ登り、お客さんより目の高さが上でしたよ。
なのに膝の上で寝るの。アンバランスだぁ。
・・シワ コ がねぇ、そうでしょ?ブッピーさんもそう思ったでしょ?
若返ったのですよ(緊張感がよみがえったか?)。
シワ コ 10歳に子犬を迎えるのはどうかとも思ったですが、いいこともいっぱいあるですね~。
Commented by yamagoya333 at 2009-02-08 22:10
四百話、時間と想いの積み重ね、何でもないことのように思えます。
セイならでは。
これから、新たな百話が始まるのかなぁ?!
Commented by NOONE-sei at 2009-02-10 02:06
さくらさん、
竹林(たけばやし)とはいうのに、竹森という言葉が見当たりません。
だから、音読みか訓読みかも想像がつかない。
さくらさんのところを拝読して知りましたが、
竹の森で枯れて立つものがあると陽が射さなくて暗いのですか?
それをまず取り除くのは大変な作業、、、わたしの新たな百夜話もそのように吟味して、
過ぎず、けれども不足ない文章をこころがけて簡潔なバランスでゆきたいものです。
静かに見つめていてくれてありがとうです♪
Commented by yamagoya333 at 2009-02-17 22:21
さくらです。
お呼びですかぁ?!
竹藪は、昼間でも、真っ暗な世界です。
林の全ての存在が、わずかに射し込んでくる陽光を奪い合います。
それぞれが、よいポジションを確保しようと、枝や幹を動かしてきます。
結果的に、日射しは、限りなくゼロの状態に、全員がしてしまいます。
あとは、誰かが朽ちて、折れたり、倒れたりするのを、じっと待っています。厳しい生存競争の縮図が、目の前にあります。
これも、恐いお話ですかねぇ?!
Commented by NOONE-sei at 2009-02-21 04:14
さくらさん、
お呼びたてしておきながら、お返事もせずごめんなさい!
猫がいまいまだったため、ずっと自分のブログを開いていませんでした。

>厳しい生存競争の縮図
すごいお話だなぁ・・・
土中に根があっても、それぞれが生き物のように動くというイメージは、
ちょと恐いものがありますね。
いやいや、よく考えれば自然の摂理なのでしょうけれども。
やはり、人間が手をかけて整備してゆかなければゼロがプラスへと動き出さない、
さくらさんのお仲間たちにうんと働いてもらわねば!
そしてさくらさんの美味しいお昼をご馳走にならねば!
・・ん?話がそっちのほうに行ってしまったーーーー。
名前
URL
削除用パスワード


<< 1夜 生きた心地  数のない夜  病めるときも >>