99夜 晴と褻


今夜は四度目の99夜。
99夜はいつも、死のお話をしてきた。

「晴(はれ)と褻(け)」ということばがある。
たとえば、婚儀や出産が晴れなら、日常や忌みごとは褻だというような。
「王様の千と線」は、99夜に死を 100夜に目出度さを 
褻の場が晴の場にくるりと転じて100夜を迎えるような仕掛けで綴ってきた。
いつもわたしの脳の中にあるのは、生ってなに、死ってなに。
その、背中あわせなのにちっともわからないものを 百ものお話のちからを借りて見つめてきた。

さて、なにを語ろう。
この新々々百夜話は、父の死に臨んでずっと死について書いてきたので、99夜に語るお話がない。
語れないから、歌うことにする。


     松の木の 雪や はや消ゆ 軒の褄   (作 未詳)

   
父がこよなく愛するものだから、毎冬の雪払いに難儀した門かぶりの松、
この冬は一度しか雪払いをしていない。
春が近づくと花のようにぼたぼたと降る雪の中、幾度も脚立を出しては雪払いをしたものだったが。
父があんまり愛でるので、「カドマツ」と、ヤクザの三下か舎弟のような名を付けて、
わたしはひそかに疎んじていたけれども、松もさみしそうだ。
難儀したら憎らしくて、雪がないとさみしく見えるなんて、ひとの目などいいかげんなものだ。
悪口も言えなくてはつまらない。もう一度くらい、春の雪が巡ってこないかな。

・・上の俳句は、さして魅力的でもない句だと思うだろう?謎解きをしてあげる。
はじまりからもおしまいからも巡る文、回文。


     まつのきのゆきやはやきゆのきのつま


ほぉら、すこしは春の気配?



c0002408_213582.jpg


c0002408_214933.jpg

もうじき父の命日が巡ってくる。
一周忌に人寄せをして喪服で法要を営むのはもう嫌なので、
ゆかりのある職人さんや、父が世話役をしていた神社の神主や仲間に参集願って会食をすることにした。
儀式よりも、懐かしいお話が聞きたい。お話が生まれる場所を営みたい。
晴でも褻でもなく。


※これまでの99夜は
死の顔 2005,04
死の発見 2006,01 
お迎えが来る 2007,02
[PR]
by NOONE-sei | 2009-01-13 03:18 | 新々々百夜話 父のお話(12)


<< 100夜 ちいさなひとつ 98夜 赤いかまぼこ >>