絵のような 文のような  四


c0002408_138554.jpg



夜に動き出すものはなんだろう。
それは、スイカを食べに来る者。
・・そんなはずはない。

知覚融合のない、というより、ちょと鈍いわたしは、
なにかを見ても、脳が見たものと別のものを即座にイメージできるわけではない。
花だとか雲だとか月だとかいうような、具体的なものを見たとして、
視覚から脳にそれらの像がまず伝達されて、
それから別のイメージに変換されるまでには、ややしばらくかかる。
むしろ、文字記号のほうが、素早くイメージは膨(ふく)らむ。

ゆうべ、友人と飲んで帰る途中のこと、彼女が月を見つけた。
「ほら、あそこ、スイカのような月。」
わたしはあさってのほうを探し、夜のてっぺんを見上げたら、
月はなんのことはない、駅のすぐ上にあった。
・・スイカ?

緑も赤もない半月を見つけて彼女はスイカという。
満月であればウサギが居るあたりが、スイカの種だ、と。
・・見えない。

同じものを見ていながら、同じように見えない、
交じり合わないことはさみしい。
両の目で見て、脳で見て、それでも見たまましか見えないのなら、
せめてわたしは網膜の裏で像を結ぼう。
そして想像しよう。
夜、寝静まった頃に来るスイカ泥棒を。


                     * *


今夜は夜にスイカ泥棒を見張る者たちのお写真を。
・・嘘。ガーゴイルの絵本を。
c0002408_2105882.jpg
「ガーゴイルたちは虚空をみつめ、
町かど高く身をひそめている。
からっぽの目はまたたきもしない」

幻獣には惹かれるのだけれど、この絵はこわい。
昼に見張りの仕事をしている者たちは、なぜこんなにこわい姿になってしまったの?



c0002408_2111081.jpg
「夜がくるまでは。」

夜になって開放されて、壁や梁を這い下(お)り、自分たちがいた建物の中の、
ミイラや絵やよろいかぶとを見る。
地面に下りると集会をし、噴水の水をなめるけれども、石でできているので声はくぐもっている。
こんなふうに作った人間のことが好きじゃないから、いたずらしてこわがらせているうちに、
夜が明けて、翼のある者は飛んで戻り、無い者は這い登り、また次の夜まで。・・というお話。
訳が大人っぽくて良いのだが、名が体を現わして麗しすぎる江國香織と知って、ちょと驚いた。



c0002408_2112561.jpg
開くとこんな絵。


c0002408_2113636.jpg
これは、昔からいいなぁと思っている岩波の本の紹介誌。絵が楽しみなので、おまけに載せてみた。



東京には久しく行っていないけれど、こんなところこんなところには行ってみたい。
ガーゴイルってこんなもの


いつも予告している次の夜のことだけれど、クリスマス・イヴかしらん?
シワ コ に用意をさせなくちゃ!







ちかごろの、
ほんとはまだ仲良くなるには時間がかかりそうな犬たち
c0002408_3214333.jpg
うちの周りには雪はないのだけれど、家から車で二十分でこんな雪山。


c0002408_3215962.jpg
ペロ コ を大目にみてやって頂戴。




c0002408_3223733.jpg
やっとお手ができるようになりました。


c0002408_3225017.jpg
シワ コ にガンつけるの、やめなさい。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-12-21 02:49 | 絵のような 文のような(5)


<< 絵のような 文のような  五 絵のような 文のような  参 >>