93夜 鰐号ぺろ号


脳は鎮まれと言っているのに、五官が騒ぐ。
匂いだったり色だったり気温だったり、
季節が既視感を呼び覚ます。
記念日反応という言葉がある。 ・・アニバーサリー・リアクション。
誰かと別れたり何かを失くしたことを思い出し、大概はメランコリックな気分が伴う。

九月は胸がざわざわした。
十月はもう落ち着かなくなった。
父との別れをなぞる日々が来た。
それは誰しも、当たり前にやってきて、当たり前に流れ込んでくる感情なのに、
わたしには何なのかわからずに、ただ焦り動揺した。

家族がひとり欠けたのだから、わたしは子犬を飼いたいと思っていた。
みんな寂しかった。わたしは泣きそうに悲しかった。
けれど王様が許してくれなければ叶わない。
あるとき、王様が母 西太后に、つい冗談めかして水を向けたものだから、
まずわたしの、次に鰐号の、水が堰を切った。

子犬を探して迎えることになったものの、大きな問題があった。
西太后は犬を飼うことに反対で、わたしたち三人はぐるになって秘密裏にことを進めた。
王様は腹が痛くなるほど西太后にどう告げようかと悩んだけれど、
ついに告げられず、現物を見せてしまおうという乱暴な結論になった。

こういう時、西太后に強い鰐号が、力を発揮する。
「ばーちゃん、大学の近くで見つけたから。犬生まれたって貼り紙。だから貰って来た。」
三人で見に行ったら可愛いから貰ってきちゃった、と、そういうことになった。
探していただとか、どこから来ただとかは、うやむやにしてしまおうと。

西太后はびっくりしたけれど、見たら可愛いに決まっていると、わたしたちは知っていた。
昔、父が趣味で犬の繁殖の犬舎をやっていた頃、
実際に犬たちの世話をしたのは西太后だったから、犬のことはよく知っている。
だからこそ、十分に飼ってやれる状況と自信がなければ賛成しなかったのだ。

子犬が来て数日が過ぎた。
母が子犬にじゃれられて、声を上げて笑った。
もう、子犬は十分にその役を果たしているように思う。

ところでその子犬、大学の近くに居たことにしたからといってお利口かどうか。
・・門前の小僧が経を読むとは限らない。



c0002408_2175337.jpg
わたし:
  ねえシワ コ 、相談があるんだけど。
シワ コ :
  はい。
わたし:
  子犬が来たら、遊んでくれる?
シワ コ :
  はい、いいでしょう。


c0002408_218344.jpg
アク コ :
  なんにも聞こえない、聞こえないからねっ。


c0002408_2181533.jpg
シワ コ ・アク コ :
  そういうわけで、、、、





はじめまして ペロ コ です。

c0002408_2191797.jpg


c0002408_2193729.jpg

[PR]
by NOONE-sei | 2008-10-28 02:29


<< 94夜 どの口がそれを言う 92夜 大地に刺繍する >>