6夜 旅をしよう


イヴだね。
王様の千と線を始めてもう何度目のイヴだろう。

あちこち行ったね。
いろいろ食べたね。
今夜は一緒に台湾に行こう。
台湾でごはんの旅って、どうかな?


朝の飛行機を降りたよ。朝ごはんだ。
豆乳を温めて最後に酢を入れるとふわふわになるんたよ。
味付けは干しエビと塩ね。
小麦粉のクレープは主食。

c0002408_04223276.jpg


c0002408_04222682.jpg



あちこち歩いたね。
次はおやつだ。
「虫おさえ」って知っている?
腹の虫をちょと黙らせることだよ、ふふ
じゅわっと肉汁が出て、あわてて食べると口の中をやけどする小籠包をどうぞ。

c0002408_04151365.jpg
c0002408_05005899.jpg



次はお昼ごはんだよ。
昔ながらの料理店に行こう。
スープとごはんと肉料理。
暑い国は果物が美味いよ。

c0002408_04333295.jpg
c0002408_04333888.jpg
c0002408_04334365.jpg
c0002408_04334628.jpg



三時のお茶にしよう。
海の見える茶店で茶芸を。
お茶菓子は豆と梅と干した果物だよ。

c0002408_04335079.jpg
c0002408_04335318.jpg
c0002408_04335721.jpg
c0002408_04340758.jpg



さあ夕暮れだ。
町に戻って夜になるのを眺めながら夕ごはんにしよう。

c0002408_04341076.jpg
c0002408_04341349.jpg
c0002408_04341793.jpg
c0002408_04342171.jpg
c0002408_04342549.jpg
c0002408_04342805.jpg
c0002408_04343106.jpg
c0002408_04344282.jpg
c0002408_04344754.jpg
c0002408_04345198.jpg
ゆっくり散歩しながら帰ろう。
いい夢が見られるように。




よく眠れた?
優しい味の豆乳スープで目が覚めるよ。

c0002408_04345871.jpg
c0002408_04345442.jpg

さあ、朝だよ。
メリークリスマス。

空を飛んで寒い国へ帰ろう。






[PR]
# by NOONE-sei | 2017-12-24 11:54 | Comments(2)

5夜 贈られもの


時間がゆっくり流れているのはわたしだけか?
七月に書いたおはなしを寝かせたまま、九月の秋彼岸になってから載せた4夜から三ヶ月が過ぎた。

四月 花の盛りにはなちゃんが旅立ち、
七月 家族のご苦労さま会をしようと、鰐号に連れられて台湾に行った。
八月 人寄せやら仏事に追われる盆が過ぎ、
九月 秋彼岸を終えてから、それまでずっと離れていた浮世に戻った。

浮世は魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)する怖ろしいところなので、
ひとりでこつこつと家の片づけに明け暮れ、譲り受けた家を機能させるのに忙しく暮らしていた。
そのようにして月日が過ぎて、やっとはなちゃんとの別れのおはなしを載せたのだけれども、
その間にも、わが家には大きな出来事があった。
子犬が来たのだ。
これを贈られものととらえよう。
子犬は八月二十八日に来た。その時の月齢は約三か月。

はなちゃんの葬儀と初七日を過ぎたあたりから、鰐号が、プロジェクトDを発動しようと言い始めた。
プロジェクトCでもいいんだがやっぱりDだろうと言う。

遠くの親戚より近くの他人というがその通りで、わたしはこの五年間多くの他人に世話になった。
だれがわたしたち家族を支えたかといったら、言葉では挙げきれないほどの多くのひとが
わたしたちに関わってくれた。
そのありがたい他人さまたちがみな、Dの発動を心待ちにしてくれた。
Dとはdog、Cとはcatのことである。

この子犬についてはまたこの次に書くこととして、まず紹介しなければ。
「王様の千と線」の登場人物、じゃなかった、新入りが入ったのだから。
名をビー コ と名付けた。 


c0002408_3575559.jpg
赤ん坊の時、保護主の所で。

c0002408_3583957.jpg
兄弟七匹で保護され、うち雌はビー コ のみ。

c0002408_3585893.jpg
三ヶ月、保護主から譲渡されてすぐ。

c0002408_3592047.jpg
わが家にて。

c0002408_3594577.jpg


c0002408_40942.jpg


c0002408_403362.jpg
すでに柴犬くらいの大きさだけれど、まだ子犬。
九月からのビー コ の成長はまたこの次に。



さ、イヴだね。
鰐号のスペイン土産のワインで乾杯しよう。
ありあわせのものばかりだけど、みんなでイヴの卓を囲んだら楽しい。
犬も猫も、新入りの犬になりたての贈られものも。

c0002408_412644.jpg


c0002408_415659.jpg


c0002408_422523.jpg


c0002408_425184.jpg






[PR]
# by NOONE-sei | 2016-12-25 01:11 | Comments(4)

4夜 人の噂も七十五日



ほんとうは七月にこのおはなしを書いていたのだけれど、カギをかけてしまっておいたよ。
はなちゃんは四月十七日にみまかりました。
案じてくれたかたがた、見守ってくれたかたがた、応援してくれたかたがたに深く感謝します。
そして、身内ではありますが、ずっとはなちゃんのそばにいてくれたペロ コ とテン コ に感謝します。
四月十七日はシワ コ の誕生日でした。
符牒を合わせようなどとは思わないけれども、なんとも不思議なことです。




人の噂も七十五日とは、世間で人があれこれ噂をしていても、それは長く続くものではなく、
やがて自然に忘れ去られてしまうものだということ。

忘れたいこと、忘れられないこと、忘れたほうがいいこと、忘れないほうがいいこと。

はなちゃんが父のもとへ去って、七十五日が経った。
毎日朝夕はヘルパーさんが車椅子に乗せて庭を見せたり庭に押していってくれたりしていて、
その晩にはいつものように梅酒を飲んで元気におやすみを言ったのに、
朝様子を見ると呼吸が止まってすぐだった。
そんなふうに呼吸に異状が起こり、すぐに吸引して持ち直させることがそれまでも数度あったけれど、
今度は引っ張り上げることができなかった。
救急車は呼ばず、家で蘇生の手を尽くし、お医者の指示を片手に持った電話で受けながら
「心臓を押すその手を止めなさい。はなこさんもう充分にがんばった。きっと苦しくなかったよ。」
そう言われてやっと引き戻せないことを知った。



c0002408_321270.jpg



c0002408_323987.jpg



c0002408_33949.jpg



c0002408_333596.jpg



c0002408_34016.jpg



c0002408_342469.jpg



c0002408_345812.jpg



c0002408_351927.jpg


今日は秋の彼岸。庭の彼岸花が真っ赤に咲いている。
もうそろそろはなちゃんにお別れをいわなくちゃ。

はなちゃん、さよなら。
おとうさんがずっと待っていた安達太良山に行ったんだね。




     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
# by NOONE-sei | 2016-07-01 03:34 | Comments(4)

3夜 梅雨だから 


暑かったりひんやりと涼しかったり、気温の変化が厳しい。
草木がどんどん伸びるので、庭の手入れをしていたら日に焼けて真っ黒になった。
海に行ったと見栄を張ろうかな。


c0002408_352441.jpg
花が咲くとうれしい。


c0002408_352167.jpg
今年の玉ねぎの収穫はすばらしい。王様が気を良くしている。


c0002408_3522971.jpg
犬は草を食うのに忙しい。


海ではないのだけれど、ちょっとでかけてきます。
[PR]
# by NOONE-sei | 2016-06-30 23:43 | Comments(4)

2夜 どっちつかずの夜


c0002408_231353.jpg

お写真は昨年初夏の蔵王高原、ヤギと跳ねる子どもたち。
ちょうどその頃は、東北各地の山の噴火が危ぶまれたり地震が起こったりした時期で、観光地は客足が遠のき静かだった。

地震には、3.11から長く続いた余震で徐々に体が強く反応してしまうようになって久しい。
自然界の変動は突然やってきたり息をひそめたりする。
昨年までは、3.11が近づくと地震の数が増えて、忘れるな、と思い知らされていた。
だから今年の3.11もきっとそうなのだと構えていたらちがった。
数日前に久々に地震はあったものの、ごく小さなものだった。
自然界というものはあまりに大きすぎて、抗うということができない。
構えると肩透かしを食わされ、忘れかけていると気まぐれのように恐いものを突きつけてくる。

抗えないならどうする?小さく丸くなって耐える?変動が行き過ぎるのを物陰から待つ?
できることはないのか考えながらまっすぐに見据える?
人間の微力でどうにもできないものをどうにかできるようなつもりになった驕(おご)りが、
原発の再びの稼動を始めさせていて恐ろしい。
わたしたちが生きている間に鎮めることのできないものが、この地ではあちこちに積み上げられている。
除染作業がまだ続いていて、剥がした表土はシートを被せて敷地に置き、
美観を甚だしく損ねつつ恐ろしい存在主張をし、またはシートで覆って土中に埋めている。
放射能に汚染された土は鎮められたのではなく、長い時間、いや気の遠くなる年月隔離しておくだけだ。

気の遠くなる年月だとわかっているのに、原発で避難して故郷に帰れないままの人たちに、
もうあそこには戻れないんだと告知しないのはなぜなんだろう。
いつまでも故郷を思い、仮の地と馴染むことのない人々が大勢近くに住んでいる。

ちかごろ、苛々して人に当たる人に遭遇することが幾度かあり、
そういう人の心根までは到底わからないけれども、
その反射に近い苛立った言動が浅ましく人を傷つけるのを見過ごせず、
近寄っていって「そんなに怒んないの。ね。」と声を掛けてしまったことがある。
日々の生活の中で蓄積されたものか、環境が思い通りにゆかない悲嘆か、いずれにしても
自分で自分の発露が止められない哀れないきものになってしまいそうな時、彼または彼女は声を出す。
そんなせっぱつまった声をとどめようとするのだから、
わたしは殴られるのを覚悟しているのだが、声掛けをすると彼らは行動だけでなく目までが止まって、
しばらく機能を停止してしまうので、仕方なくそっとその場を離れるしかない。
自然の変動が人の気持ちに揺らぎを与えるのか、大地の揺らぎが不安を煽るのか。
依って立つべき地を持てない寄る辺なさをこの先何年彼らは抱えてゆくのだろう。




c0002408_232132.jpg

今日は震災から五年と一日目。
震災の傷みはフラッシュバック、原発による不安はフラッシュフォワード。
六年目になってもなおあるこの苦しさや閉塞感は、未来に重くて永い不安を見ているからだ。
過去なのか未来なのか、どっちつかずの昨日を終えてほっとした。
3.11は、理性でなく感情がざわつく日だから。
ことに昨日は朝から、五年前と天候がよく似ていてざわざわした。
こんな日にあの曲は聴きたくないな、と思っていたら聴かずに済んだ。
『見上げてごらん 夜の星を』
何か悲しいことが起こると流れる曲。
わたしには世界でふたつ、嫌いな曲があるんだが、その三番目にこの曲を入れることにした。
ひとつは『四季の歌』ふたつは『千の風になって』その三番目だ。

今日は、五年前にやっと耳が開いた頃に聴こえてきた曲を久しぶりにテレビで聴いた。
ずいぶん前の曲らしいんだが、それをどこでどんな状況で聴いたのかが鮮烈に蘇った。
五年前だって今だって、どっちつかずの日の夜の星は見上げたくない。

SMAP『この瞬間(とき)、きっと夢じゃない』





c0002408_2572164.jpg
今まで外に食べ物を干すのをはばかっていたのだけれど、近隣で除染作業を終えたので干しリンゴを作ってみた。


c0002408_2574018.jpg
リンゴチップスは甘みが凝縮されている。でもリンゴってほとんど水分なのね。


おまけ
c0002408_236564.jpg
こちらは煮リンゴ。

獣たちの昼寝とはなちゃん
[PR]
# by NOONE-sei | 2016-03-12 11:50 | Comments(2)